本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 民俗 > 風俗・習慣

あなたを必ず守ってくれる 地球のほとけ お地蔵さま
羽田 守快

1,980(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2017年07月15日頃
  • 著者/編集:   羽田 守快
  • 出版社:   大法輪閣
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  264p
  • ISBN:  9784804613970

商品説明

内容紹介(出版社より)

◆日本人にとって最も親しみのある仏、お地蔵さま…
道ばたでニコニコと微笑んでいるあのお地蔵さまは、その名のとおり「地の蔵」、つまり大地の徳をあらわす仏さまです。私たちが暮らしているこの大地が、この地球が、そのままお地蔵さまなのです。
お地蔵さまは、いつでもどこでも私たちのそばにいてくださる、慈悲のかたまりです。
【本書の内容】

第一章 お地蔵さまって、どんな方?
 もっとも慈悲深い仏/お地蔵さまは「つなぎ役」/お地蔵さまは「地球そのもののほとけ」/お地蔵さまは「六道能化」

第二章 お地蔵さまの御利益
 代受苦ということ/お地蔵さまは水戸黄門/母性の仏

第三章 業(カルマ)を生きる
 過去と他人は変えられない/業(カルマ)を生きる覚悟/タイムラインの話/八正道/「ない」ではなく「ある」を数える

第四章 「地蔵信仰」のさまざま
 浄土信仰とお地蔵さま/六地蔵/末法思想とお地蔵さま/水子供養とお地蔵さま/子供の守り神/密教の曼荼羅に見るお地蔵さま/勝軍地蔵

第五章 お地蔵さまと生きる
 お地蔵さまのお声が聞こえる/修行とは何か/仏教の目的/生きざま 死にざま

第六章 お地蔵さまと「霊」、そして先祖
 お地蔵さまを祀ると悪霊が集まる?/死後の世界はあります。なぜなら……/五体加持/先祖とつながるお地蔵さまの祈り/呪いのメカニズム/お地蔵さまの霊験談

第七章 お地蔵さまをめぐる神仏
 宝生如来/阿弥陀如来/閻魔天/観世音菩薩/虚空蔵菩薩/堅牢地神

付録1 地蔵菩薩本願経・見聞利益品偈ー原文と読み下し
付録2 お地蔵さま写仏手本

あとがき

内容紹介(「BOOK」データベースより)

私たちの「苦しみ」を、代わりに引き受けてくださる方。なぜ、こんなにも慈悲深いのか。なぜ、こんなにも癒されるのか。その秘密がここにあります。お地蔵さまに抱かれて心豊かに生きる道がここにあります。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 お地蔵さまって、どんな方?/第2章 お地蔵さまのご利益/第3章 業(カルマ)を生きる/第4章 「地蔵信仰」のさまざま/第5章 お地蔵さまと生きる/第6章 お地蔵さまと「霊」、そして先祖/第7章 お地蔵さまをめぐる神仏/付録1 地蔵菩薩本願経・見聞利益品偈ー原文と読み下し/付録2 お地蔵さま写仏手本

著者情報(「BOOK」データベースより)

羽田守快(ハネダシュカイ)
1957年(昭和32年)、東京都に生まれる。駒澤大学文学部心理学コース卒。学生時代より修験道、密教の門をたたき今日に至る。現在、総本山園城寺学問所員、天台寺門宗「金翅鳥院」住職。密教祈祷、密教占星術、心理セラピーなどを融合して信徒の育成に当たっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • 仏教を学ぶ
    はにーしっぽ☆
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年12月22日

    お地蔵様のことだけでなく、仏教に対しても造詣の深い本でした。
    御仏の誓願、大悲とは何か。人のカルマ(業)とは何か。
    高度な内容を平易な文章で説いてあり、とても読みやすかったです。
    現代社会を生きる指針、凡夫の道標としても。
    含蓄に富んだ内容で繰り返し読みたい良著。
    著者の真摯な人柄に他の著書も是非読んでみたいと思いました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ