本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他

カロリー制限の大罪 (幻冬舎新書)
山田悟

880(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2017年06月
  • 著者/編集:   山田悟
  • レーベル:   幻冬舎新書
  • 出版社:   幻冬舎
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784344984592

よく一緒に購入されている商品

  • カロリー制限の大罪(幻冬舎新書)[山田悟]
  • +
  • 糖質制限の真実日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて(幻冬舎新書)[山田悟]
  • カロリー制限の大罪 (幻冬舎新書)
  • 山田悟

880円(税込)

在庫あり

合計 1,738円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

ダイエットと言えば、カロリー制限のことと思われがちだ。確かに短期的には体重は落ちる。しかしどれほど強い意志をもってしても長期間の継続は困難で、しかもたった2年のカロリー制限によって骨密度の低下、貧血、筋肉量の低下が報告されるなど、健康に有害であることが明らかになってきた。実際、世界的にはカロリー制限は過去のものとなりつつある。「健康にいい」「やせるのにいい」という神話で未だ多くの人に無意味な努力を強いているカロリー制限の問題点を明らかにし、真に楽しく続けたくなる健康法を提示する。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ダイエットと言えば、カロリー制限のことと思われがちだ。確かに短期的には体重は落ちる。しかしどれほど強い意志をもってしても長期間の継続は困難で、しかもたった2年のカロリー制限によって骨密度の低下、貧血、筋肉量の低下が報告されるなど、健康に有害であることが明らかになってきた。実際、世界的にはカロリー制限は過去のものとなりつつある。「健康にいい」「やせるのにいい」という神話で未だ多くの人に無意味な努力を強いているカロリー制限の問題点を明らかにしつつ、美味しく楽しく続けられる糖質制限を解説する。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 カロリー制限の意義を考える/第2章 脂質制限の意義を考える/第3章 三大栄養素比率を考える/第4章 ケトン体の意義を考える/第5章 ロカボの意義を考える/第6章 ロカボの普及で世界が変わる/第7章 常識・非常識を考える/最終章 栄養学「正しい」と「当たり前」

著者情報(「BOOK」データベースより)

山田悟(ヤマダサトル)
1970年東京都生まれ。北里研究所病院糖尿病センター長。日々一三〇〇人の患者と向き合いながら、食べる喜びが損なわれる糖尿病治療において、いかにQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げていけるかを追究。糖質制限食に出会い、2012年『奇跡の美食レストラン』(幻冬舎)を刊行。13年11月14日、緩やかな糖質制限食=ロカボの考え方を普及させ、作り手にも食べる側にも、より良い社会の実現を目指す、一般社団法人食・楽・健康協会を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ