これでいいのか東京都豊島区[岡島慎二]
  • Googleプレビュー

これでいいのか東京都豊島区 消滅から住みたい街へ なにがあった豊島区!? (地域批評シリーズ)
岡島慎二

993円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年06月24日頃
  • 著者/編集:   岡島慎二
  • 出版社:   マイクロマガジン社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  319p
  • ISBNコード:  9784896376388

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
豊島区の中心・池袋が持つ「怖い街」「汚い街」というワイルドな横顔が足かせとなり、豊島区が目指してきた「芸術」「文化」のまちづくりは、掛け声ばかりでずっとかすんだままだった。ところが近年、民間の地道な努力もあって池袋の治安が良化。若い女性向けのオシャレな商業施設の建設や、大規模な再開発事業が進められ、池袋の「ダサくて怖い繁華街」のイメージがガラリ一変。各種媒体による「住んでみたい街調査」の上位常連という新たなポジションを手に入れた。そんな池袋の変貌に合わせるかのように、区は子育て事業に力を注入。これが奏功して池袋を中心に豊島区へと流入するファミリーも増えているという。2014年には東京23区ながら「消滅可能性都市」という衝撃の宣告を受けた豊島区。その大逆襲が今、始まっている!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 豊島区はややこしい/第2章 豊島区はあぶない/第3章 豊島区はバッラバラ/第4章 諸悪の根源は鉄道にあり!?/第5章 消滅都市から住みたい街へ/第6章 池袋だけが発展すればいいってもんじゃない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岡島慎二(オカジマシンジ)
1968年茨城県生まれ。大衆居酒屋と猫をこよなく愛するライター兼編集者。東京・地方を問わず、地域の本質や問題点、まちづくりのあり方などを探る「地域批評」をライフワークに全国各地を飛び回っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

993円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      火星に住むつもりかい?
      火星に住むつもりかい?

      伊坂幸太郎

      842円(税込)

    2. 2
      ラプラスの魔女
      ラプラスの魔女

      東野 圭吾

      820円(税込)

    3. 3
      明日の子供たち
      明日の子供たち

      有川浩

      831円(税込)

    4. 4
      【予約】空へブーンと。 つれづれノート33
      【予約】空へブーンと。 つれづれノート33

      銀色 夏生

      691円(税込)

    5. 5
      【予約】人魚の眠る家
      【予約】人魚の眠る家

      東野 圭吾

      788円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ