本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

憂国論
鈴木 邦男

864円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 憂国論ーー戦後日本の欺瞞を撃つ 864円
紙書籍版 憂国論 864円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
トランプ政権誕生以後、日本の対米追従はますます加速している。政府は、国富を犠牲にしてまでも、自己保身を図っているのだ。「堂々たる売国」である。いっぽう、戦後の日本には、真に国を憂れた人たちがいた。三島由紀夫、野村秋介、そして数多の右翼・左翼の活動家たちだ。彼らはいかに日本を変えようとしたのか。売国がまかり通る今、彼らが活動をしていたころよりも、はるかに時代の空気が悪くなっている。国民全体がレベルダウンしているのではないか。信念の政治活動家と気鋭の政治学者が、それぞれの視点から国を思い、戦後の政治活動、天皇の生前退位、憲法改正、日本の政治の現在と未来について語り下ろした。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 三島由紀夫と野村秋介(幻の皇居突入計画/磯部浅一の霊が憑いていた? ほか)/第2章 戦後の「新右翼」とは何だったのか(新右翼の誕生/公安警察と右翼の癒着 ほか)/第3章 天皇の生前退位と憲法改正(山本太郎直訴事件の顛末/天皇の政治利用ではない ほか)/第4章 日本の行く先(『戦争論』が右翼青年を生んだ/過激なネトウヨたち ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木邦男(スズキクニオ)
1943年、福島県生まれ。政治活動家。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。学生時代は「生長の家」学生会全国総連合の書記長として活躍、その後、全国学生自治体連絡協議会委員長を務めた。「一水会」を創設し、新右翼の理論家として名を馳せる。現在は政治団体から身を退き、幅広く活動

白井聡(シライサトシ)
1977年、東京都生まれ。政治学者、思想史家、京都精華大学人文学部専任講師。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。著書に『永続敗戦論』(太田出版・講談社+α文庫、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

864円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      妻に捧げた1778話
      妻に捧げた1778話

      眉村卓

      734円(税込)

    2. 2
      【予約】天涯無限
      【予約】天涯無限

      田中芳樹

      907円(税込)

    3. 3
      日本二千六百年史
      日本二千六百年史

      大川周明

      1,188円(税込)

    4. 4
      教育とは何?
      教育とは何?

      尾木直樹

      842円(税込)

    5. 5
      応仁の乱
      応仁の乱

      呉座勇一

      972円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ