メディアの驕り(新潮新書)[廣淵升彦]
  • Googleプレビュー

メディアの驕り (新潮新書)
廣淵 升彦

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 メディアの驕り(新潮新書) 842円
紙書籍版 メディアの驕り 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年07月14日
  • 著者/編集:   廣淵 升彦
  • レーベル:   新潮新書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBNコード:  9784106107269

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「無知に基づく正義感」は、かくも危うい。プラスとマイナスが逆転した価値観、過剰な「社会の木鐸意識」、あいかわらずの中東音痴……なぜ日本のメディアは間違い続けるのか。実例とその構造を徹底分析!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かつてのミスリード報道を実例として挙げながら、その背後にある驕りの構造をひもとく。情緒的平和願望に流され、知性と教養をおろそかにしたままでは、国の未来は危うい。ベテランジャーナリストによる渾身の論考。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 プラスとマイナスが逆転している(タフガイは水玉のタイを締めず/無知から出た「ベニスの商人=悪人」論 ほか)/2 驕りを生む構造(社旗を立てた車/有害なのは過剰な「社会の木鐸意識」 ほか)/3 放送のロマンを築いた人々(それはタイタニックから始まった/燃えるロンドンからのレポート ほか)/4 中東を知らない日本人(初めて見た中東/赤十字への反発 ほか)/5 平和に欠かせないのは「知力」(平和の妨げは「情緒的平和願望」/メディアを築く若者たち)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
廣淵升彦(ヒロブチマスヒコ)
1933年和歌山県生まれ。国際ジャーナリスト。東京大学文学部卒。テレビ朝日ニューヨーク、ロンドン両支局長、報道制作部長、国際局国際セミナー専任局長などを歴任後、複数の私大で教授・講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      人生の結論
      人生の結論

      小池一夫

      874円(税込)

    3. 3
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    4. 4
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    5. 5
      死にゆく人の心に寄りそう
      死にゆく人の心に寄りそう

      玉置妙憂

      820円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ