どうして高校生が数学を学ばなければならないの?[大竹真一]
  • Googleプレビュー

どうして高校生が数学を学ばなければならないの?
大竹 真一

1,944円(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
数学はできないと苦しみ困り進路を変えさせ、役立つ役立たないと議論される不思議な教科です。数学に困ったとき答えがどこかに見つかるように編集しました。本のタイトルをお題に、高校生に語るように答えてくださいと依頼しいろいろな立場の先生が書き下ろしています。とても考えさせられたそうです。数学の勉強に不安のある高校生も、数学好きな高校生、悩んでいた大人、興味のある大人も、ちょっと立ち止まって読んでみる?
まえがき

パート1 数学を学ぶってどういうこと?
1. 人生の道具箱に数学をーたかが数学、されど数学
2. 若者と受験と数学と……
3. 数学は嫌いになるものではありません
4. 数学との出会い

パート2 数学はどこへ広がっていくの?
5. 数字と文化をめぐる断想
6.「生命・宇宙・芸術」を理解するための数学
7. 生物の「時間知覚」は数学で説明できるのか?-学際分野での数学
8. あなたは何を描いてもいいのですー論理と感性を紡いでいきましょう

パート3 どうやって数学と向き合うの?
9. 数学の嫌いな文系学生が数理科学の論文を書くようになったのはなぜか?
10. 数学は誰のためにあるの?
11. 受験数学事始

執筆者一覧
あとがき

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 数学を学ぶってどういうこと?(人生の道具箱に数学をーたかが数学、されど数学/若者と受験と数学と…/数学は嫌いになるものではありません/数学との出会い)/2 数学はどこへ広がっていくの?(数字と文化をめぐる断想/「生命・宇宙・芸術」を理解するための数学/生物の「時間知覚」は数学で説明できるのか?-学際分野での数学/あなたは何を描いてもいいのですー論理と感性を紡いでいきましょう)/3 どうやって数学と向き合うの?(数学の嫌いな文系学生が数理科学の論文を書くようになったのはなぜか?/数学は誰のためにあるの?/受験数学事始)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大竹真一(オオタケシンイチ)
学校法人河合塾数学科講師、京都府立大学非常勤講師。他に、龍谷大学非常勤講師、河合文化教育研究所研究員を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

1,944円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ