もいもい(あかちゃん学絵本)[市原淳]
もいもい(あかちゃん学絵本)[市原淳] もいもい[市原淳] もいもい[市原淳]
  • Googleプレビュー

もいもい (あかちゃんが選んだあかちゃんのための絵本)
市原 淳

2位 絵本部門 楽天ブックス日別ランキング(2019年05月20日)ランキングを見る

1,512円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

商品説明



●東京大学
●赤ちゃんの目がくぎづけ
本屋さんでこの二つのフレーズが目に入り、気になったので購入しました。

大人の私には、もいもい むいむい ぽっ
と言われても「???」で、読み方やリズムはこんな感じ?と、試行錯誤しながら読んでましたが、赤ちゃんはほんとに釘付けになっていて、エッ?なんでなんで?と不思議な気持ちになりました。(yukaimoさん 30代・愛知県 女の子0歳)


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(出版社より)
東京大学あかちゃんラボ発
あかちゃんといっしょに作った あかちゃんのための絵本!

私たちは、科学的な研究を通して赤ちゃんのための絵本を作る
「あかちゃん学絵本プロジェクト」を立ち上げて進めてきました。

このプロジェクトのなかでいろいろな実験をしました。
モイモイという言葉に対して、赤ちゃんがどんな形を思い描くのかを調べているときのことです。
あるイラストが、あかちゃんの視線をくぎづけにして離しません。
その注目度は、ほかの倍以上にもなります。

このイラストにはあかちゃんの視線を引きつける特別ななにかがあると考えた私たちは、
ここから「もいもい」というキャラクターの絵本を作りました。
この絵本をあかちゃんに見せるとビックリ!
なんとそれは、泣く子も見つめる圧倒的な注目度のキャラクター絵本だったのです。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
東京大学あかちゃんラボ発。あかちゃんの視線をくぎづけにするイラスト「もいもい」というキャラクターの絵本。なんとそれは、泣く子も見つめる圧倒的な注目度のキャラクター絵本だったのです。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
市原淳(イチハラジュン)
大阪芸術大学デザイン学科卒業。2009年オリジナルキャラクター「ポペッツタウン」がカナダのDECODE社よりアニメーション化され世界約100ヶ国のテレビで放送される。2016年チャリティアートイベント「ひつじのショーンin渋谷」に参加

開一夫(ヒラキカズオ)
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授。「あかちゃん学」を専門とし、東京大学あかちゃんラボを運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(79件)

総合評価
 4.26

ブックスのレビュー

  • 10ヶ月の孫に
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年08月09日

    雑誌とかチラシは何でも破いて遊ぶんですが
    これはまだ被害にあってません。
    も〜いもいって読み聞かせすると喜んで笑うようになったそうです。
    お母さんと赤ちゃんが選んだのは違うって本当でした。

    1人が参考になったと回答

  • テレビでも取り上げられた噂の絵本
    まり3227
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2018年04月29日

    テレビでも取り上げられた噂の絵本。入荷待ちでしたが、早くに届いてお店の方には感謝です!
    期待していましたが10ヶ月の息子は怖がって何度読んでも泣き、はじめて絵本を破りました。
    残念!有名でも合う・合わない個人差ありますよね。

    1人が参考になったと回答

  • 喜んでもらえました。
    ジュリアン&ニコラス
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年05月05日

    以前テレビで赤ちゃんがくぎ付けになる絵本と紹介されていたため、孫と知人のお子さんに購入。とても喜んでもらえました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

1,512円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ