くらしが語る昭和史昭和のくらし博物館から(朝日選書)[小泉和子]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > その他

くらしの昭和史 昭和のくらし博物館から (選書962)
小泉和子

1,836円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めて利用&条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月10日
  • 著者/編集:   小泉和子
  • 出版社:   朝日新聞出版
  • 発行形態:  全集・双書
  • ISBNコード:  9784022630629

商品説明

昭和30年代は史上、もっともくらしが充実した時代だった。
昭和以後普及したちゃぶ台を囲んで、一家団欒が満面開花する。戦争中のもんぺ着用、戦後の衣服払底を画期に、キモノから洋服への衣服革命が進行したのも昭和20〜30年代半ばであった。また明治以来の西洋医学が一般家庭に普及し、吸入器や注射器を常備するなど、家庭看護がハイレベルで浸透したのも、結核はじめ伝染病の根治が可能となる直前の、この時代のことであった。
著者が館長をつとめる「昭和の暮らし博物館」では、17年に及ぶ企画展示でくらしの変化とその要因を詳細に検証してきた。その成果をまとめ、戦争、敗戦から経済成長による奇跡の発展を遂げた昭和史の変化と画期を、鮮やかに描き出す

【内容情報】(出版社より)
【歴史地理/日本歴史】「ALWAYS 三丁目の夕日」などで誰もが懐しむ昭和20年代後半ー30年代、日本人はくらしの何かを捨て何かを選んだ。だがその選択は正しかったのか。「昭和のくらし博物館」館長の筆者が企画展の成果から、くらしから見た昭和の変動を描き出す。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和30年代は史上、もっともくらしが充実した時代だった。昭和になって普及したちゃぶ台を囲んで、一家団欒が満面開花する。戦争中のもんぺ着用、戦後の衣服払底を画期に、キモノから洋服への衣服革命が進化したのも昭和20年代〜30年代半ばである。明治以来の西洋医学が一般家庭に普及し、吸入器や注射器を常備するなど家庭看護がハイレベルで浸透したのもこの時代であった。著者が館長をつとめる「昭和のくらし博物館」では、17年に及ぶ企画展示で、くらしの変化とその要因を詳細に検証してきた。その成果をまとめ、戦争、敗戦から経済成長による奇跡の発展を遂げた昭和史の変化と画期を鮮やかに描き出す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
自宅を博物館に/1部 くらしから見た昭和史(病気/食べる/着る/ひと/しごと)/2部 住まいから見た昭和史(戦前/戦後)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小泉和子(コイズミカズコ)
1933年東京生まれ。登録文化財昭和のくらし博物館館長・重要文化財熊谷家住宅館長・家具道具室内史学会会長。工学博士。生活史研究と家具室内意匠史研究を行なっている。記録映画「昭和の家事」制作。編著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

1,836円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ