ナショナリズムの正体(文春文庫)[半藤一利]
  • Googleプレビュー

ナショナリズムの正体 (文春文庫)
半藤 一利

745円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年09月05日
  • 著者/編集:   半藤 一利保阪 正康
  • レーベル:   文春文庫
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784167909314
  • 注記:  『日中韓を振り回すナショナリズムの正体』改題書

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ナショナリズムと愛国心を歪めたのは誰か?「戦争はイヤだ」としか言わない左翼、「あの戦争は正しかった」と美化する右翼、双方の知的怠慢だー軍エリートの証言を集めてきた昭和史研究の大家ふたりが、歴史的事実をもとに左右を徹底批判。ヘイトスピーチにも強引な改憲論にも屈せず、ただしく国を愛する方法がわかる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 「国家ナショナリズム」が「庶民ナショナリズム」を駆逐する/第1章 現代日本のナショナリズムが歪んだ理由/第2章 近代史が教える日本のナショナリズムの実体/第3章 中国と韓国の「反日感情」の歴史背景/第4章 現代の中国および韓国のナショナリズム/第5章 将来に向けての日本のナショナリズム

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
半藤一利(ハンドウカズトシ)
1930年、東京・向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。松本清張、司馬遼太郎らの担当編集者をつとめる。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役などをへて作家。「歴史探偵」を名乗り、おもに近現代史に関する著作を発表。著書は『漱石先生ぞな、もし』(正続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)なが多数。『昭和史1926-1945』『昭和史戦後篇1945-1989』で毎日出版文化賞特別賞、2015年菊池寛賞受賞

保阪正康(ホサカマサヤス)
1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒。編集者時代の72年『死なう団事件』で作家デビューして以降、個人誌「昭和史講座」を主宰して数多くの歴史の証人を取材、昭和史研究の第一人者として2004年、菊池寛賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

745円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      慈雨
      慈雨

      柚月 裕子

      820円(税込)

    2. 2
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    3. 3
      蜜蜂と遠雷(下)
      蜜蜂と遠雷(下)

      恩田陸

      788円(税込)

    4. 4
      蜜蜂と遠雷(上)
      蜜蜂と遠雷(上)

      恩田陸

      788円(税込)

    5. 5
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ