言語学者が語る漢字文明論(講談社学術文庫)[田中克彦]
  • Googleプレビュー

言語学者が語る漢字文明論 (講談社学術文庫)
田中 克彦

1,134円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 言語学者が語る漢字文明論 1,026円
紙書籍版 言語学者が語る漢字文明論 1,134円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月10日
  • 著者/編集:   田中 克彦
  • レーベル:   講談社学術文庫
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  312p
  • ISBNコード:  9784062924450
  • 注記:  『漢字が日本語をはろぼす』改題書

商品説明

【内容情報】(出版社より)
漢字は言葉ではない。記号である。漢字にはオトは必要ない。どの言語ででも漢字を「訓読み」できる。では、中国文明の周辺地域を含めた「漢字文化圏」とは自明のものなのか。歴史上の突厥・契丹・西夏・女真・モンゴル文字など、漢字からの自立運動は何を意味するのか。漢字を残す日本語は独自の言語であることの危機に瀕しているのか。言語学者が考察する文字と言語の関係。


漢字は言葉ではない。記号である。漢字にはオトは必要ない。どの言語ででも漢字を「訓読み」できる。では、中国文明の周辺地域を含めた「漢字文化圏」とは自明のものなのか。歴史上の突厥・契丹・西夏・女真・モンゴル文字など、漢字からの自立運動は何を意味するのか。漢字を残す日本語は独自の言語であることの危機に瀕しているのか。言語学者が考察する文字と言語の関係。
第一章 日本語という運命
母語ペシミズム 外国人をはばむ漢字語 日本人に八つもの言語が!
「言語共同体」とは ことばの名に「国」をつけるな 言語共同体は運命共同体
第二章 「日本語人」論
日本語人にはみずからの意志によってなる 自分の意志でなるカナダ人
人類共用語のために母語を捨てられるか 漢字はローマ字に勝てない?
文法はかえられない 文字はかえられる 
オト文字は言語の構造をより明らかにする 
第三章 漢字についての文明論的考察
「漢字文化圏」論  日本は「漢字文化圏」の行き止まり  
漢字文化圏からの離脱の歴史  進化する本家の漢字  
中国語知らずの漢字統一主義者  漢字に支配されなかった周辺諸族
特に突厥文字の原理について  ウラル=アルタイ諸語を特徴付ける母音調和
チベット文字とモンゴル文字  漢字におと7は必要ない  
訓読みはどの言語にも起きうる  音読みだって一通りではない
数字の訓読み  ローマ字にも見られる象徴性
ふりがな、訓読みは線条性(リネアリテ)に反する  歴史記述と線条性
筆談で伝えるのは言葉ではない  もしローマ帝国が漢字を使っていたら
漢字は言語を超えている  いまさら「音声中心主義」?
周辺民族の恐るべき言語本能  直接支配下にあった朝鮮語
ハングルによる朝鮮語の闘いはこれから  中国語そのものが漢字と闘っている
日本人と漢字ーー最後に残る漢字圏の問題
第四章 「脱亜入欧」から「脱漢入亜」へ
 日本は中国と同文同種か  中国語は日本語よりも英語に近い
 モンゴル語が開いてくれた世界  トルコ語もフィンランド語も  
 ラムステッドに導かれて  ウラル=アルタイ語世界
 印欧語比較言語学と音韻法則  音韻法則を超えて
 カタテオチのカタはウラル=アルタイ共有語  中国語はhave型言語
 ロシア人を捉えて放さないユーラシア主義  東方性こそがロシアの特徴
 ユーラシア・トゥラン語圏  トゥラン主義の日本への伝播
 日本文化の基軸にかかわる漢字問題  漢字という障害物
 ドゥンガン語ーー漢字抜きの中国語  「漢字文化圏」の外に経つ漢語

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
漢字は言葉ではない、記号である。漢字にオトは必要ない。どの言語でも漢字を「訓読み」できる。では周辺地域を含めた「漢字文化圏」とは自明のものなのか。歴史上の突厥・契丹・西夏・女真・モンゴル文字など漢字からの自立運動は何を意味するのか。漢字を残す日本語は独自の言語であることの危機に瀕しているのか。言語学者が読む文字と言語の関係。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 日本語という運命(日本語の状況/母語ペシミズム ほか)/第2章 「日本語人」論(日本人ではなく日本語人がたいせつ/バイリングアル日本語人 ほか)/第3章 漢字についての文明論的考察(「漢字文化圏」論/日本は漢字文化圏の行きどまり ほか)/第4章 「脱亜入欧」から「脱漢入亜」へ(日本は中国と「同文同種」か/中国語は日本語よりも英語に近い ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田中克彦(タナカカツヒコ)
1934年兵庫県生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科修了。一橋大学名誉教授。専門は社会言語学とモンゴル学。言語学をことばと国家と民族の関係から総合的に研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,134円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      新・魔法のコンパス
      新・魔法のコンパス

      西野 亮廣

      712円(税込)

    2. 2
      罪の声
      罪の声

      塩田 武士

      993円(税込)

    3. 3
      今昔百鬼拾遺 河童
      今昔百鬼拾遺 河童

      京極 夏彦

      820円(税込)

    4. 4
      海の見える理髪店
      海の見える理髪店

      荻原 浩

      626円(税込)

    5. 5
      【予約】行きたくない
      【予約】行きたくない

      加藤 シゲアキ

      648円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ