靖国の軍馬[加藤康男]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

靖国の軍馬
加藤 康男

907円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月02日
  • 著者/編集:   加藤 康男
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  新書
  • ISBNコード:  9784396115142

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
戦時、「天皇の分身」として銃の次に大切にされたのが軍馬であつた。先の大戦で戦地へ送られたその数、約一〇〇万頭。一銭五厘の赤紙一枚で集められる兵より、よほど金がかかるとされた。機械化が遅れた日本軍は物資輸送、情報伝達に軍馬を駆使し、馬たちも見事に期待に応えたのだ。軍馬はいかに集められ、いかに改良されたか。国民の愛馬精神はいかにして形作られていったか。そしてなぜ、祖国に帰れなかったのか。その謎の解明から明らかになったのは、馬と国家と国民が一体となった戦前日本の姿だった。近代史に新たな光を当てる、渾身のノンフィクション!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 靖國神社の軍馬慰霊像/第2章 国民の歌・国民映画と軍馬/第3章 天皇の馬/第4章 輜重輸卒が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち/第5章 テンノウサマの馬が泣いている/第6章 前線の軍馬はどう記録されたか/第7章 世界戦争史、最後の騎兵戦「老河口作戦」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
加藤康男(カトウヤスオ)
1941年、東京生まれ。編集者、ノンフィクション作家。早稲田大学政治経済学部中退の後、出版社勤務。雑誌・文芸書の編集に長く携わり、退職後は近現代史などの執筆活動に入る。『謎解き「張作霖爆殺事件」』(PHP新書)で、山本七平賞奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

907円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起き…

      河合 雅司

      928円(税込)

    2. 2
      明治維新の正体
      明治維新の正体

      鈴木荘一

      1,188円(税込)

    3. 3
      キレる!
      キレる!

      中野 信子

      842円(税込)

    4. 4
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    5. 5
      限界のタワーマンション
      限界のタワーマンション

      榊 淳司

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ