お買い物マラソン エントリー&条件達成でポイント5倍!
中国はなぜ軍拡を続けるのか(新潮選書)[阿南友亮]
  • Googleプレビュー

中国はなぜ軍拡を続けるのか (新潮選書)
阿南 友亮

1,620円(税込)送料無料

【消費税率変更】税込価格表記に関するご注意

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 中国はなぜ軍拡を続けるのか(新潮選書) 1,296円
紙書籍版 中国はなぜ軍拡を続けるのか 1,620円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月25日
  • 著者/編集:   阿南 友亮
  • レーベル:   新潮選書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  352p
  • ISBNコード:  9784106038150

商品説明

【内容情報】(出版社より)
一党独裁体制が陥った「軍拡の蟻地獄」とはーー? 日本がいかに誠実な対応を取ろうとも、どれだけ経済的相互依存を深めようとも、中国共産党はこの先も軍拡を続けるし、いつか武力衝突に発展する可能性がある。それはなぜかーー? 人民解放軍の分析を続けてきた気鋭の中国研究者が、一党独裁体制における政軍関係のパラドックスを解き明かし、日本の対中政策の転換を迫る決定的論考。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本がいかに誠実な対応を取ろうとも、どれだけ経済的相互依存を深めようとも、中国共産党はこの先も軍拡を続けるし、いつか武力衝突に発展する可能性がある。それはなぜかー?人民解放軍の分析を長年にわたり続けてきた気鋭の中国研究者が、一党独裁体制における政軍関係のパラドックスを構造的に解き明かし、対中政策の転換を迫る決定的論考。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 現代中国における独裁・暴力・ナショナリズム(独裁と暴力/漂流する中国の近代化 ほか)/第2部 毛沢東が遺した負の遺産(誰が中国の敵で、味方なのか?/新中国は解放軍なくして統治しえず)/第3部 分岐点となった八〇年代(「改革・開放」の光と影/「独立自主」と解放軍の改革 ほか)/第4部 軍拡時代の幕開け(ポスト天安門期の危機が生んだ新指導部/共産党の生き残りを賭けた諸方策 ほか)/第5部 軍拡時代の解放軍(軍拡にはしる解放軍の「意図」/解放軍の「能力」診断)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿南友亮(アナミユウスケ)
1972年、東京都生まれ。東北大学大学院法学研究科教授。慶應義塾大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士課程単位取得退学。博士(法学)。大学院在籍中に北京大学国際関係学院に留学。東京成徳大学講師、東北大学准教授を経て、2014年より現職。2014年〜2015年ハーバード・イェンチン研究所客員研究員。2017年、東北大学公共政策大学院院長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.4

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ