日本のシカ増えすぎた個体群の科学と管理[梶光一]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 動物学

日本のシカ 増えすぎた個体群の科学と管理
梶 光一

4,968円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
はじめに(梶 光一)
序 章 現代のシカの科学と管理(梶 光一・飯島勇人)

第I部 基礎編
 第1章 個体群の密度依存性(上野真由美)
 第2章 自然植生への影響(大橋春香)
 第3章 森林への影響 (明石信廣)
 第4章 昆虫群集への影響(高木 俊)
 第5章 中大型食肉目への影響(關 義和)
 第6章 捕食者再導入をめぐる議論(梶 光一)

第II部 実践編
 第7章 南アルプス高山帯でのシカの影響とその管理(長池卓男)
 第8章 知床世界自然遺産地域のエゾシカ管理(石名坂豪)
 第9章 北海道のエゾシカ個体群の順応的管理(宇野裕之)
 第10章 丹沢のシカ総合管理(田村 淳)
 第11章 屋久島世界自然遺産のシカ管理(幸田良介)
 第12章 シカの管理目標のあり方(飯島勇人)

終 章 将来のシカの科学と管理(飯島勇人・梶 光一)

おわりに(飯島勇人)

Sika Deer in Japan: The Science and Management of Overabundant Populations
Koichi KAJI and Hayato IIJIMA, Editors

【目次】(「BOOK」データベースより)
現代のシカの科学と管理/1 基礎編(個体群の密度依存性/自然植生への影響/森林への影響/昆虫群集への影響/中大型食肉目への影響/捕食者再導入をめぐる議論)/2 実践編(南アルプス高山帯でのシカの影響とその管理/知床世界自然遺産地域のエゾシカ管理/北海道のエゾシカ個体群の順応的管理/丹沢のシカ総合管理/屋久島世界自然遺産のシカ管理/シカの管理目標のあり方)/将来のシカの科学と管理

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
梶光一(カジコウイチ)
1953年東京都に生まれる。1986年北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。現在、東京農工大学大学院農学研究院教授、農学博士。専門、野生動物管理学

飯島勇人(イイジマハヤト)
1979年茨城県に生まれる。2007年北海道大学大学院農学研究科博士後期課程修了。現在、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所主任研究員、農学博士。専門、野生動物管理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 即納
    どらりなもん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年10月21日

    代引きでしたがすぐ来ました。ありがとうございました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

4,968円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ