観応の擾乱室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い(中公新書)[亀田俊和]
  • Googleプレビュー

観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)
亀田俊和

928円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年07月18日頃
  • 著者/編集:   亀田俊和
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  272p
  • ISBNコード:  9784121024435

よく一緒に購入されている商品

  • 観応の擾乱室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い(中公新書)[亀田俊和]
  • +
  • 応仁の乱[呉座勇一]
  • 観応の擾乱 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い (中公新書)
  • 亀田俊和

928円(税込)

在庫あり

972円(税込)

在庫あり

合計 1,900円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
観応の擾乱は、征夷大将軍・足利尊氏と、幕政を主導していた弟の直義との対立から起きた全国規模の内乱である。本書は、戦乱前夜の動きも踏まえて一三五〇年から五二年にかけての内乱を読み解く。一族、執事をも巻き込んだ争いは、日本の中世に何をもたらしたのか。その全貌を描き出す。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 初期室町幕府の体制/第2章 観応の擾乱への道/第3章 観応の擾乱第一幕/第4章 束の間の平和/第5章 観応の擾乱第二幕/第6章 新体制の胎動/終章 観応の擾乱とは何だったのか?

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
亀田俊和(カメダトシタカ)
1973年、秋田県生まれ。97年、京都大学文学部史学科国史学専攻卒業。2003年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程歴史文化学専攻(日本史学)研究指導認定退学。2006年、京都大学博士(文学)。現在、京都大学文学部非常勤講師。17年8月より国立台湾大学日本語文学系助理教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 応仁の乱を超えた複雑怪奇な戦い
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年09月10日

    大学受験の時に目にはしても、
    「なんかややこしそうな戦い」という以上の印象を受けなかった戦いが
    まさかの新書化。
    どういう契機で始まったのか、
    なぜ敵味方があれほど入り混じったのか、
    どうして仲の良かったとされる足利兄弟は敵対するにいたったのか。
    それらが綿密に書かれているので、読み応えがありました。

    1人が参考になったと回答

  • 戦国時代が物足りなくなったなら
    ronnyj
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年09月11日

    戦国時代ってよくも悪くも親しみやすい
    でも、本当に深い部分を触りたいなら怪帝後醍醐天皇がつくりだした南北朝時代を置いて他にはない
    その南北朝時代を一際混乱させるものにした、尊氏・直義、そして尊氏の実子でありながら毛嫌いされ、直義の跡を継いだ直冬の死闘に己の利害をかけて有力大名が絡む観応の擾乱
    この擾乱の展開は足利派の内部分裂に南朝が絡んで二転三転し、参加者も入り乱れるため実にわかりにくかった
    それが一冊の本としてまとめられ、擾乱に至ったそれぞれの理由まで分析しているのは実に有意義だ

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    団十郎194674
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年05月10日

    歴史の裏側が手に取るように描かれ一気読みでした

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年10月08日 - 2018年10月14日)

     :第-位( - ) > 新書:第627位(↑) > 人文・思想・社会:第72位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと20

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

928円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    2. 2
      日本アホバカ勘違い列伝
      日本アホバカ勘違い列伝

      北岡俊明

      993円(税込)

    3. 3
      世界でバカにされる日本人
      世界でバカにされる日本人

      谷本真由美

      896円(税込)

    4. 4
      母の教え 10年後の『悩む力』
      母の教え 10年後の『悩む力』

      姜 尚中

      907円(税込)

    5. 5
      人生の十か条
      人生の十か条

      辻仁成

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ