Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発C#によるAndroid/iOSUI制御の基礎[青柳臣一]
  • Googleプレビュー

Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎
青柳 臣一

3,828円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎 3,828円
紙書籍版 Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発 C#によるAndroid/iOS UI制御の基礎 3,828円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年09月15日頃
  • 著者/編集:   青柳 臣一
  • 出版社:   翔泳社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  392p
  • ISBNコード:  9784798149813

商品説明

【内容情報】(出版社より)
AndroidもiOSも。
C#を使ったクロスプラットフォーム開発に挑戦!


これまで別々の言語や環境で開発していたAndroid/iOSアプリを
共通の言語(C#)や環境(.NET Framework)で作成する
注目の開発環境Xamarin。


マイクロソフトMVP受賞経験のある著者が、豊富なアプリケーション開発の
経験を活かし、すべてのモバイルアプリ開発者に向けてXamarinネイティブ
によるクロスプラットフォーム開発を徹底解説しました。


本書は「Xamarinとは何か」にはじまり、汎用ライブラリMVVMCrossを
使って、本格的なクロスプラットフォームを開発するノウハウまで、
ミニサンプルアプリを作りながらわかりやすく学ぶことができます。


また、特にAndroid/iOS開発経験のある読者のために、
JavaやObjective-C、Swiftと比較しながらの解説も行っています。


現場の開発者のための、Xamarinを使ったクロスプラットフォーム開発を
スムーズに学べる一冊です。


〜〜〜本書の内容〜〜〜



Part 1 Xamarinの基礎
ーー Chapter 1 Xamarinについて学ぼう



Part 2 Xamarinでアプリを作る
ーー Chapter 2 Visual StudioでAndroidキッチンタイマーを作ろう
ーー Chapter 3 Visual StudioでiOSキッチンタイマーを作ろう
ーー Chapter 4 同一プロジェクトでAndroid/iOSアプリを作ろう



Part 3 MVVMCrossを使う
ーー Chapter 5 MVVMCrossについて学ぼう
ーー Chapter 6 MVVMCrossでアプリを作ろう(準備編)
ーー Chapter 7 MVVMCrossでアプリを作ろう(データバインディング編)
ーー Chapter 8 MVVMCrossを使いこなそう


本書の内容


Part 1 Xamarinの基礎
ーー Chapter 1 Xamarinについて学ぼう



Part 2 Xamarinでアプリを作る
ーー Chapter 2 Visual StudioでAndroidキッチンタイマーを作ろう
ーー Chapter 3 Visual StudioでiOSキッチンタイマーを作ろう
ーー Chapter 4 同一プロジェクトでAndroid/iOSアプリを作ろう



Part 3 MVVMCrossを使う
ーー Chapter 5 MVVMCrossについて学ぼう
ーー Chapter 6 MVVMCrossでアプリを作ろう(準備編)
ーー Chapter 7 MVVMCrossでアプリを作ろう(データバインディング編)
ーー Chapter 8 MVVMCrossを使いこなそう

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
これまで別々の言語や環境で開発していたAndroid/iOSアプリを共通の言語(C#)と環境(.NET Framework)で作成する、今注目の開発環境Xamarin。マイクロソフトMVP受賞経験もある著者が、豊富なアプリケーション開発の経験を活かし、すべてのモバイルアプリ開発者に向けてXamarinネイティブによるクロスプラットフォーム開発を徹底解説しました。本書は「Xamarinとは何か」にはじまり、オープンソースライブラリMVVMCrossを使って本格的なクロスプラットフォームを開発するノウハウまで、ミニサンプルアプリを作りながらわかりやすく学ぶことができます。他にも、特にAndroid/iOS開発経験のある読者のために、JavaやObjective-C、Swiftと比較しながらC#コードの解説を行っているのも本書の大きな特徴です。現場の開発者が、Xamarinを使ったクロスプラットフォーム開発をスムーズに学べる一冊です。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 Xamarinの基礎(Xamarinについて学ぼう)/2 Xamarinでアプリを作る(Visual StudioでAndroidキッチンタイマーを作ろう/Visual StudioでiOSキッチンタイマーを作ろう/同一プロジェクトでAndroid/iOSアプリを作ろう)/3 MVVMCrossを使う(MVVMCrossについて学ぼう/MVVMCrossでアプリを作ろう(準備編)/MVVMCrossでアプリを作ろう(データバインディング編)/MVVMCrossを使いこなそう)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
青柳臣一(アオヤギシンイチ)
23歳のときに株式会社ディーバを設立。CADソフトウェア、給水設備監視システムなどのオリジナルソフトの開発、また、さまざまなビジネスアプリケーションの受託開発をおこなう。Windows Phone、iOS、Androidなどスマートフォンアプリ開発にも力を入れていて、ネイティブ(C#、Java、Objective-C、Swift)、および、Xamarinでの開発をおこなう。2002年に日本にてマイクロソフトMVP制度が始まったときの第1号受賞者数名のうちの1人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

  • 大筋はいい
    takanon5122
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年08月29日

    Xamarinによる開発の入門書としては良いと感じました。
    何より、AndroidとiOSそれぞれで同じアプリを作ってみるというのがわかりやすい。
    ただ、途中で入れてくる解説的な部分がアプリを作るための説明なのか、言語の説明をしているのかがわかりにくい。
    よくよく読めば理解できるので否定するほどのことではないのだが、とりあえず指示通りに入力して動かしてみたいなんてことを考えず真面目に読んだほうがいい。
    焦らずじっくり勉強します。

    0人が参考になったと回答

  • iPhoneアプリの公開には結局Macが必要です
    MahChan
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2017年11月25日

    Windows PCのみでAndroidとiPhone(iOS)アプリの開発ができそうだと思って購入しましたが、後者のビルドにはMacが必要と書いてありました。あれ?ビルドまではできるようになる(なった?)とネットで見たけどなと思って調べてみたら、例えビルドできるようになっても、Androidと違ってiPhoneは野良アプリが使用できない仕様なので、公開するためにはAPP Storeにアップする必要があり、APP Storeへの登録にMacが必要ということのようです。さらに、年会費も払う必要があるのでiPhoneアプリ開発は諦めてAndroidのみにします。ということで、Xamarin(C#)を使う必要性はなくなってしまいました。

    0人が参考になったと回答

  • はしょっているかな
    ushigon
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2017年09月17日

    値段の割に内容が薄い様な気がしますが気のせいでしょうか

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

3,828円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:パソコン・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ