本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
写真で見る日めくり日米開戦・終戦(文春新書)[共同通信編集委員室]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

写真で見る 日めくり日米開戦・終戦 (文春新書)
共同通信編集委員室

1,360円(税込)送料無料

獲得ポイント:

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
太平洋戦争の開戦・終戦については、すでに大量の書籍が出版され、すでにネタは尽きているかに思われる。しかし、日めくりのように、毎日何が起きたのかをデイリーに記したものは少ない。
開戦までの1カ月、終戦まで1カ月、そして終戦後の1カ月の計100日間に起きたことを、毎日、追いかけたこの企画は、編著者である石山永一郎・共同通信編集委員のある思いから始まった。

「当時、自分が現役の記者だったら、何を、どう書いていたか、という視点で昭和史を読み返すと、新しいストーリーのようなものが見えてきました。後知恵を排して、その時、知りえたことだけで歴史を再構成してみる。新聞記事の体裁にこだわって、3カ月間を追いかけてみたのです」

たとえば、終戦までの1カ月は、1945年7月16日から始まるが、この日、アメリカのアリゾナ州の砂漠で、世界初の原爆実験が行われている。この線は、原爆投下、そして、原爆症の告発といった形で、終戦後の1カ月へと続いてゆく。

さらに、共同通信が所有するニュース写真をすべての日に掲載したため、視覚的にも、臨場感のあるニュース記事の体裁になった。

もう新しいものはないと思われる戦争関連企画において、画期的な「日めくり」形式は、肩に力を入れずに、あの戦争の本質に迫ることができる。

共同通信が2015年から2016年に配信した大型企画を再編集した本書は、事典としても便利な、新しい歴史本になった。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
あの日、何があったのか?太平洋戦争を考えるうえでもっとも重要な、真珠湾攻撃までの一カ月と、終戦前後のそれぞれの一カ月を、まったく新しい、写真付きの「日めくり」形式でつづる。後知恵を排した、臨場感ある百日間をあなたは目撃する!

【目次】(「BOOK」データベースより)
真珠湾への道(最終段階の始まり 回帰不能点としての南部仏印進駐/真珠湾への七月「南部仏印進駐」/真珠湾への八月「幻の首脳会談」/真珠湾への九月「御前会議と『四方の海』」/真珠湾への十月「東条英機内閣成立」)/第1部 真珠湾への三十四日間/太平洋戦争略年表/第2部 終戦への三十一日間/第3部 終戦からの三十一日間

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
石山永一郎(イシヤマエイイチロウ)
1957年生まれ。共同通信編集委員。1991〜95年、マニラ支局、1999〜2001年、ワシントン支局に駐在。著書に『ペルー日本大使公邸人質事件』『彼らは戦場に行ったールポ新・戦争と平和』(ともに共同通信社)、『アジア・ルポルタージュ紀行ー平壌からバグダッドまで』(柘植書房新社)など

沼田清(ヌマタキヨシ)
1948年生まれ。1970年、共同通信写真部に入社。2005年から古いニュース写真の掘り起こしと調査を担当。『ザ・クロニクル戦後日本の70年』シリーズ(幻冬舎)の写真監修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,360円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ