あの山は、本当にそこにあったのだろうか[朴婉緒]
  • Googleプレビュー

あの山は、本当にそこにあったのだろうか
朴婉緒

2,592円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月01日頃
  • 著者/編集:   朴婉緒橋本智保
  • 出版社:   かんよう出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  333p
  • ISBNコード:  9784906902828

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
韓国文学界の巨匠パク・ワンソの自伝第2作いよいよ刊行!シリーズ100万部を超えるロングセラー。「記憶」と「虚構」が交錯しつつ、朝鮮戦争下のソウル市民の暮らしを生き生きと描く。「国民文学」から「世界文学」への飛翔!

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 もう二度と夢は追わない/2 臨津江だけは越えるな/3 狂った白木蓮/4 時には「粃」も憤怒する/5 真夏の死/6 冬の木/7 門外の男たち/エピローグ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朴婉緒(パクワンソ)
1931年、京畿道開豊郡(現在の北朝鮮、黄海北道)生まれ。3歳の時父親を亡くし、祖父母のもとで幼少期を過ごす。母親に連れられソウルの小学校に入学し、その後はソウルに定着する。1950年ソウル大学国文科に入学するが、同年朝鮮戦争の勃発により学業を中断する。戦争も終盤にさしかかった頃、兄を亡くし、男手のない一家を支えていくためにソウルの米軍部隊で働くことになる。数年後、そこで出会った男性と結婚する。1970年『裸木』(「女性東亜」の懸賞作品)という長編小説により執筆活動を始めて以来40年もの間、次々に作品を発表する

橋本智保(ハシモトチホ)
1972年生まれ。東京外国語大学朝鮮語科を経て、ソウル大学国語国文学科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

通常3〜4日程度で発送

2,592円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2018年 5月号
      電子書籍大白蓮華 2018年 5月号

      大白蓮華編集部

      185円(税込)

    2. 2
      未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること
      電子書籍未来の年表2 人口減少日本であなたに起き…

      河合雅司

      864円(税込)

    3. 3
      大家さんと僕
      電子書籍大家さんと僕

      矢部太郎

      1,080円(税込)

    4. 4
      夫の後始末
      電子書籍夫の後始末

      曽野綾子

      900円(税込)

    5. 5
      自分のことだけ考える。 無駄なものにふりまわされないメンタル術
      電子書籍自分のことだけ考える。 無駄なものにふ…

      堀江貴文

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ