孤狼の血(角川文庫)[柚月裕子]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

孤狼の血(1) (角川文庫)
柚月裕子

836(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 孤狼の血 836円
紙書籍版 孤狼の血(1) 836円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月25日頃
  • 著者/編集:   柚月裕子
  • 関連作品:   孤狼の血
  • レーベル:   角川文庫
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  464p
  • ISBNコード:  9784041049549

商品説明

【内容情報】(出版社より)
常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

緻密な構成、卓抜したリアリティ、予期せぬ結末。いやあ、おもしろい。正統派ハードボイルドに圧倒された。
ーー黒川博行氏(作家)

日本ミステリ史に残る、今世紀最高の悪徳警官小説だ。
ーー茶木則雄氏(書評家)

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていくーー。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
柚月裕子(ユズキユウコ)
1968年、岩手県出身。2008年『臨床真理』で第7回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を、16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(154件)

総合評価
 4.25

ブックスのレビュー

  • リアリティですね
    伝助038/dn
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月19日

    これまでに読んだ柚木さんの著書『佐方貞人シリーズ』で、女性作家ならではの心理描写の巧みさと展開の奥深さが際立っていたので、本書も読んでみたくなり、購入しました。
    昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出す。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく。
    *
    悪徳警官と揶揄される大上、それに付き従う新人・日岡を中心に繰り広げられるヤクザ社会との持ちつ持たれつの関係がリアリティですね。女性作家でありながら、男くささをよく描けていることに感服です。
    この物語の最後、孤狼・大上の血を引き継いだ日岡の言動がとても印象的でした。
    −−−−−
    ■本書の基本情報
    ・筆者:柚月裕子[ユズキユウコ]
    ・略歴:1968年岩手県生まれ。2007年「待ち人」で山新文学賞入選、やましん文芸年間賞天賞受賞。'08年『臨床真理』で第7回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。'13年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞受賞。'16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞。
    ・出版:角川文庫
    ・発売:2017月8月
    ・ページ数:460p
    ■これまでに購読した柚月裕子の著書
    ・最後の証人(第7刷)
    ・検事の本懐(第6刷)
    ・検事の死命(第4刷)

    30人が参考になったと回答

  • (無題)
    Superior Things
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年01月11日

    この著者の文庫化された作品をほとんど読破
    しましたが、近年同様に読破した作家の中でも
    最も才能を感ずる著者だと思っています。

    8人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年07月02日

    とても面白かったです。
    すぐに読み終わりました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2020年11月23日 - 2020年11月29日)

     :第7845位(↓) > 文庫:第635位(↓) > 小説・エッセイ:第469位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      おもかげ
      おもかげ

      浅田 次郎

      924円(税込)

    2. 2
      むすびつき
      むすびつき

      畠中 恵

      693円(税込)

    3. 3
      ネガティブ感情の整え方
      ネガティブ感情の整え方

      ワタナベ 薫

      792円(税込)

    4. 4
      地下鉄に乗って 新装版
      地下鉄に乗って 新装版

      浅田 次郎

      792円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】JR上野駅公園口
      【入荷予約】JR上野駅公園口

      柳 美里

      660円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ