楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > ペット > 
犬が伝えたかったこと[三浦健太]
  • Googleプレビュー

犬が伝えたかったこと
三浦 健太

1,298(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

やさしい涙を流した後に、
幸せな気持ちがあふれる。

「犬だけが知っていた妻の日課」
「家族がそろうまでがんばって生きた犬」
「犬が必死に飼い主に隠していたこと」
など

犬を見つめ、犬に寄り添い続けた
熟練ドッグカウンセラー・三浦健太氏が贈る
実話をもとにした、20の心温まる犬の話。

「本当の幸せとは」
「今の私がある理由とは」
犬たちが教えてくれた大切なことを
家庭や仕事に問題を抱えたさまざま人の
心の成長を通して、やさしく伝えてくれます。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「犬だけが知っていた妻の日課」「自分の病気を家族にかくしていた犬」「犬がずっと大切にしていた宝物」など犬と暮らすありふれた一日が、かけがえのない幸せな一日だと気づかせてくれる感動のストーリー集。やさしい涙あふれる20の物語。

目次(「BOOK」データベースより)

大切なのは、この瞬間だけーベル/いつも、まっすぐーラッキー/犬は毎日「ずっと同じ」がいいーフィロス/犬がくれる健康ーアキ/犬にとっての名前ーオマエ/安心できるにおいータロとジロ/ストレスに負けない犬ーカール/必要とされる幸福ートッポ/ちゃんと、守ってくれますか?-グッチ/いつの間にかやってくるーリロ〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

三浦健太(ミウラケンタ)
1950年生まれ。東京都出身。NPO法人ワンワンパーティクラブ代表。1994年に日本初のドッグイベント“ワンワンパーティ”を企画・運営。現在はドッグライフカウンセラーとして全国各地で多くのイベントや教室、セミナーを開催しながら、全国の都市公園にてマナーの啓発やドッグランの設置、運営アドバイスなどを実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(13件)

総合評価
 4.92

ブックスのレビュー(10件)

  • (無題)
    iga925
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年11月16日

    大変いい本です。
    皆さんも是非、読んでみて下さい。

    1人が参考になったと回答

  • 素晴らしい本!
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年11月12日

    ドッグカウンセラー 三浦健太さんの新刊『犬が伝えたかったこと』が素晴らしすぎました。読んでいる間、とにかく涙、涙で声に出して泣いてしまう。文字通り、涙で読めなくなってしまう、愛がいっぱいに溢れている一冊でした…涙
    もの言えぬワンコたち、"犬が伝えたかったこと" 。 読み終わった後、大好きな愛犬たちをもっともっと愛おしく感じます。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年11月02日

    まえがきの前と一番最後の文章にジーンときました。
    20個の実話の前にも、犬について書かれていますが、実話よりも、そちらの文章の方が好きです。
    いつもの当たり前の事なんですが、改めて文章で見ると、そういえばそうだな〜と思えると思います。
    とても愛おしく感じるようになるし、大事にしなきゃ!って、読んだ後の方がより強く感じるはず。
    別バージョンの犬の十戒みたいです。
    上の子を見送ってまだ間もないのですが、救われたような言葉もあったし、下にももう1頭いますが、今が大事なんだな・と思いました。
    ただ実話の中には、読んでいる最中"怒り"を感じ、読み終えた後も後味が悪い話がありました。
    その話だけは、飛ばし読みしています。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ