法助動詞の底力ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー(「底力」シリーズ)[安武内ひろし]
  • Googleプレビュー

法助動詞の底力 ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー (「底力」シリーズ)
安武内ひろし

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 法助動詞の底力ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー(「底力」シリーズ)[安武内ひろし]
  • +
  • 英文法「例外」の底力あなたの英語学習を刺激する37のスパイス(「底力」シリーズ)[田上芳彦]
  • 法助動詞の底力 ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー (「底力」シリーズ)
  • 安武内ひろし

1,620円(税込)

在庫あり

合計 3,240円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ネイティヴスピーカーがcouldやwouldで伝えたい気分を素通りしていたあなたに!法助動詞の知識があれば、あなたは自分の気持ちを適切に伝えることができるようになります。相手との人間関係にも気を配り丁寧な英語で話せるようになります。法助動詞は英語を話す際の頼れる味方なのです。文法書ではわからない微妙な使い分けが満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 canとcould(能力・達成を表すcan/could/be able to/実現可能性を推量するcanとcould ほか)/第2章 mayとmight(許可を表すmay/might/可能性を推量するmayとmight)/第3章 shouldとshall(好意的助言を表すshould/話し手の期待に沿う予測を述べるshould ほか)/第4章 willとwould(I willは何を表すか/you willは何を表すか ほか)/第5章 mustとhave toとhave got to(「〜しなければならない」/「〜に違いない・絶対〜に決まっている」)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安武内ひろし(アブナイヒロシ)
米国フロリダ州最南部の国際都市マイアミにある私立マイアミ大学(University of Miami)の大学院でTESOL(外国語としての英語教授法)専攻。修士修了後、フロリダ電力(株)(Florida Power & Light)に就職し、翻訳部員としてQC活動(品質向上活動)の最高賞であるデミング賞(Deming Award)受賞に貢献。同社退社後、ニューヨーク州北部の私立コーネル大学(Cornell University)の大学院の夏期3か月集中講座で「外国語としての日本語教授法(Jordan Method)」を学び、その後4年間、ペンシルベニア州フィラデルフィア(Philadelphia)近郊にある私立アーサイナス大学(Ursinus College)で専任講師として日本語を教える一方、ペンシルベニア州アレンタウンのAT&T Bell研究所(Allentown,PA)で4年間にわたり毎週、技術者や重役に「ビジネス日本語」を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ