現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 絵本 > 絵本(日本)
地球を旅する水のはなし(福音館の科学シリーズ)[大西健夫]
  • Googleプレビュー

地球を旅する水のはなし (福音館の科学シリーズ)
大西健夫

1,540(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (絵本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明



降ってきた雨が川になり海へと流れ込み、やがて空へ。
そしてまた雨になり、地面へとしみこんで栄養を蓄え、植物や動物の中へ。
巡り巡ってゆく「水」を分かりやすく、流れるような文章で綴られています。

大人が読む分には理解も納得もしやすいですが、文章が若干回りくどくて長めなので、低学年は飽きてしまうかもしれません。
理科を習い始める中学年位からの方が、より理解を深めて読める内容ではないかと思います。(hime59153さん 40代・三重県 男の子6歳)

【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(出版社より)
地球規模の水の循環を、詩情ゆたかな文章と繊細なイラストレーションでつづる科学絵本。太古から今まで、同じ分量の、同じ水が、あらゆる場所を旅しながら、生きとし生けるものをうるおしてきました。液体、気体、固体……さまざまに姿を変えながら、地球上のあらゆる場所をめぐり、いろいろなものを運ぶ水。そしてこれからもずっと、水の旅は続くのです。水文学を専門とする著者による巻末解説も読みごたえがあります。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
水はすがたを変えながら、世界中を旅しています。太古から今まで、同じ量の、同じ水が、あらゆる場所をめぐり、生きとし生けるものをうるおしてきました。そしてこれからもずっと、水の旅は続くのです。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
大西健夫(オオニシタケオ)
岐阜大学応用生物科学部准教授。農学博士。専門は、水が運ぶ様々な物質や水の循環を研究する水文学。山林から農地、そして海への水と物質の流れ、変化を研究している。京都大学大学院農学研究科博士課程修了

龍澤彩(リュウサワアヤ)
金城学院大学文学部日本語日本文化学科教授。徳川美術館学芸員を経て現職。日本の中近世の物語絵を研究している。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了

曽我市太郎(ソガイチタロウ)
日本画家。小学校の図画工作教諭として美術教育に携わるとともに、院展出品をはじめ、水彩画や木版画、鎌倉彫などの創作に力を注いでいる。大学在学中は古典絵画を研究。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了。日本美術院院友(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと13

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ