関ヶ原はいかに語られたかいくさをめぐる記憶と言説(アジア遊学)[井上泰至]
  • Googleプレビュー

関ヶ原はいかに語られたか いくさをめぐる記憶と言説 (アジア遊学)
井上泰至

2,376円(税込)送料無料

獲得ポイント:

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年08月30日頃
  • 著者/編集:   井上泰至
  • 出版社:   勉誠出版
  • 発行形態:  全集・双書
  • ページ数:  213p
  • ISBNコード:  9784585226789

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
関ヶ原の戦いとは慶長五年九月十五日の合戦のみをさすものではなく、秀吉政権後の体制を巡り、全国各地で石田方・徳川方に別れて行われたいくさのことである。この戦いのイメージは、文学・演劇・屏風・絵巻など様々なメディアによって表象され、伝えられてきた。歴史学と文学研究の成果を踏まえ、虚像(文学および美術)を中心に武将の銘々伝的アプローチを行い、この多様な語りの諸相を整理し、関ヶ原の戦いのイメージの形成過程を明らかにする。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序文 関ヶ原の戦いのイメージ形成史/石田三成ーテキスト批評・中野等『石田三成伝』/小早川秀秋ー大河内秀連著『光禄物語』を中心に/大谷吉継ー軍師像の転変/小西行長ー近世の軍記から演劇まで/島左近ー『常山紀談』の逸話などから/吉川広家ー「律儀」な広家像の形成と展開/安国寺恵瓊ー吉川広家覚書と『関ヶ原軍記大成』を中心に/黒田長政ー説得役、交渉役として/関ヶ原合戦と寺社縁起/福島正則ー尾張衆から見た関ヶ原の戦い/加藤清正ー関ヶ原不参加は家康の謀略によるものか?/島津義弘ー島津退き口の歴史叙述をめぐって/伊達政宗ー近世軍書に描かれたその姿の多様性/徳川家康ー天下太平への「放伐」

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,376円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      漫画 君たちはどう生きるか
      漫画 君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,404円(税込)

    2. 2
      君たちはどう生きるか
      君たちはどう生きるか

      吉野源三郎

      1,404円(税込)

    3. 3
      禅僧が教える心がラクになる生き方
      禅僧が教える心がラクになる生き方

      南直哉

      1,188円(税込)

    4. 4
      幸せってなんだっけ?
      幸せってなんだっけ?

      ヘレン・ラッセル

      1,998円(税込)

    5. 5
      医者が教える食事術 最強の教科書
      医者が教える食事術 最強の教科書

      牧田 善二

      1,620円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ