「日米指揮権密約」の研究自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか(「戦後再発見」双書6)[末浪靖司]
  • Googleプレビュー

「日米指揮権密約」の研究 自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
末浪 靖司

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「戦後再発見」双書6 「日米指揮権密約」の研究 自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか 1,650円
紙書籍版 「日米指揮権密約」の研究 1,650円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 「日米指揮権密約」の研究自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか(「戦後再発見」双書6)[末浪靖司]
  • +
  • 朝鮮戦争は、なぜ終わらないのか(「戦後再発見」双書7)[五味洋治]
  • 「日米指揮権密約」の研究 自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか (「戦後再発見」双書6)
  • 末浪 靖司

1,650円(税込)

在庫あり

合計 3,300円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
自衛隊はすでに何年も前からアメリカにまで出かけていって、戦争をする訓練を米軍と一体となって行っている。憲法九条を国是とする日本でどうして、そんなことが許されるのか。その本当の理由は「戦争になったら自衛隊は米軍の指揮下に入る」という日米の秘密の取り決め、いわゆる「指揮権密約」にある。この密約はいかにして結ばれたのか? 密約を実行するために日米政府は何をしてきたのか? 戦後日米関係の“真実”に迫る。
序章 富士山で訓練する米軍と自衛隊  
第1章 指揮権密約の起源 1949〜50年
第2章 指揮権密約の成立 1951〜52年
第3章 安保改定でどう変わったか 1953年〜1960年
第4章 密約の実行をめぐる攻防 1961年〜1991年 
第5章 米軍は自衛隊を地球的規模で指揮する 1992年〜現在

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
急速に進む日米の軍事的一体化。日本全土が軍事演習場となり、自衛隊が海外で米軍の指揮のもと戦う時代が、まもなくやってくる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 富士山で訓練する米軍と自衛隊/第1章 指揮権密約の起源 1949〜1950年/第2章 指揮権密約の成立 1951〜1952年/第3章 安保改定でどう変わったか 1953〜1960年/第4章 密約の実行をめぐる攻防 1961〜1996年/第5章 米軍は自衛隊を地球的規模で指揮する 1997年〜現在

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
末浪靖司(スエナミヤスシ)
1939年、京都市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学)卒。ジャーナリスト。日本平和委員会常任理事、日本中国友好協会参与(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ