教育とは何?日本のエリートはニセモノか[尾木直樹]
  • Googleプレビュー

教育とは何? 日本のエリートはニセモノか (中公新書ラクレ)
尾木直樹

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
この本には、日本の教育への厳しい指摘が満ち溢れています。トレーニング主義や階段を上がるように基礎から発展へと機械的に教えるステップアップ方式は、脳科学からも、それほど成果なく危険さえあるようです。高校入試や偏差値教育は害悪でしかないこと。子どもたちは、学ぶ意欲は萎え、自立力をなくしています。早急に一人一人の個性を大切にした世界基準の教育を目指していかなければなりません。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ガイダンス 挑戦する脳、挑戦しない脳/第1講義 日本の教育は大丈夫か/第2講義 偏差値教育の大問題/第3講義 なぜ日本人はバカになってきたか/第4講義 大学から日本の教育を問い直す/ガイダンス 国に逆提案できるくらいの教育モデルを作ってほしい

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
尾木直樹(オギナオキ)
1947年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学特任教授。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間ユニークな教育を実践。2003年法政大学キャリアデザイン学部教授、12年から法政大学教職課程センター長・教授を歴任。主宰する臨床教育研究所「虹」では所長として子育てと教育、いじめ問題など現場に密着した調査・研究に取り組む

茂木健一郎(モギケンイチロウ)
1962年東京都生まれ。脳科学者。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経てソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。脳と心の関係を探求し続けている。著書『脳と仮想』(新潮社、第4回小林秀雄賞受賞)、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房、第12回桑原武夫学芸賞受賞)など多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.25

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      看る力 アガワ流介護入門
      看る力 アガワ流介護入門

      阿川 佐和子

      842円(税込)

    2. 2
      「さみしさ」の研究
      「さみしさ」の研究

      ビート たけし

      820円(税込)

    3. 3
      探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている
      探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知…

      住滝 良

      885円(税込)

    4. 4
      いみちぇん!(13) ゆれるキモチと修学旅行
      いみちぇん!(13) ゆれるキモチと修学…

      あさば みゆき

      712円(税込)

    5. 5
      日本が売られる
      日本が売られる

      堤未果

      928円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ