秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 教育・福祉 > 福祉
私たちの津久井やまゆり園事件障害者とともに〈共生社会〉の明日へ[堀利和]
  • Googleプレビュー

私たちの津久井やまゆり園事件 障害者とともに〈共生社会〉の明日へ
堀利和

1,980(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2017年09月
  • 著者/編集:   堀利和
  • 出版社:   社会評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  279p
  • ISBN:  9784784524068

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

2016年7月26日早朝、相模原市の障害者施設で同所の元職員によって46人が殺傷された「津久井やまゆり園事件」が起こった。この衝撃的事件は私たち一人ひとりに何を突きつけたのか。それぞれの生きる場からの多様な発言をとおして、“共生社会”への明日を模索する問題提起の書。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグ 津久井やまゆり園事件と私たちの原点/第1部 重度知的障害者の生きる場をめぐって(被害者も加害者も社会から他者化された存在/障害をもった子どもが家族にいることをなぜ隠すのか/重度知的障害者の生きる場さがしの人間模様ー5・27津久井やまゆり園事件を考える相模原集会/地域にこだわり地域に生きる/入所施設は重度知的障害者の生きる場かー日本とスウェーデン)/第2部 措置入院者への警察の関与を問うー治安対策としての精神保健福祉法の改悪(社会がつくる精神障害/措置入院という社会的障壁/精神保健福祉法改正の過程から見える問題点/相模原事件から精神保健福祉法改正までー抵抗の軌跡/精神科病院からの地域移行ー現状と課題)/エピローグ 再び「共生」を問う

著者情報(「BOOK」データベースより)

堀利和(ホリトシカズ)
小学校4年生の時、清水小学校から静岡盲学校小学部に転校、東京教育大学附属盲学校高等部、明治学院大学、日本社会事業学校卒。参議院議員二期(社会党、民主党)。立教大学兼任講師。現在、特定非営利活動法人共同連代表。『季刊福祉労働』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ