料理は女の義務ですか(新潮新書)[阿古真理]
  • Googleプレビュー

料理は女の義務ですか (新潮新書)
阿古 真理

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 料理は女の義務ですか(新潮新書) 799円
紙書籍版 料理は女の義務ですか 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年10月14日
  • 著者/編集:   阿古 真理
  • レーベル:   新潮新書
  • 出版社:   新潮社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBNコード:  9784106107368

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「なぜ私だけ?」と悩む人たちへーー。料理を楽しむため、その歴史や先人の知恵に今こそ学ぼう。「スープの底力」「『一汁一菜』より大切なこと」「料理がつなぐ絆」など、現代の台所事情をレポートする料理論。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「昔から苦手」「とにかく時間がない」…それでも家族のために気分を奮い立たせて、毎日台所に立つ女性たち。一体、どうすれば料理への苦手意識を克服できるのか?その歴史をひもとき、「スープの底力」「楽しい保存食」「便利な常備菜」といった先人の豊かな知恵に今こそ学ぼう。女性の社会進出と現代の台所事情、「一汁一菜」より大切なこと、料理がつなぐ人間関係など、好きな人も苦手な人もあらためて考える料理論。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにー日々の料理はなぜ大変なのか?/第1章 料理とは何か/第2章 スープの底力/第3章 保存食は楽しい/第4章 常備菜の再生/第5章 食卓を担うのは誰?/おわりにー義務感の先の料理

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
阿古真理(アコマリ)
1968(昭和43)年兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと9

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

799円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    2. 2
      昭和の怪物 七つの謎
      昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      950円(税込)

    3. 3
      天使たちの課外活動6
      天使たちの課外活動6

      茅田砂胡

      972円(税込)

    4. 4
      日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実
      日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実

      吉田 裕

      885円(税込)

    5. 5
      信長はなぜ葬られたのか
      信長はなぜ葬られたのか

      安部龍太郎

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ