グリムのむかしばなし2[ワンダ・ガアグ]
  • Googleプレビュー

グリムのむかしばなし2
ワンダ・ガアグ

1,728円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明



1に続き、この作品も楽しませていただきました
知っているグリムの話でも
スムーズに読めるのは
松岡さんの訳仕方のセンスと
思い入れなんでしょうね

私は、子どもの頃
「ブレーメンの音楽隊」って
年老いたら、捨てる・食べる!?
という人間の勝手さと
あれ?ところでみなさん
ブレーメンに行かなくていいの?
と、いう感想を持っていました

なんか、腑に落ちない というか

お姫様関連もそうです
都合がいいというか
でも、この作品には、きちんとした
理由というか因果関係があり
なるほど!と納得します

でも、私の頭が固いもんで
どうもすんなり笑えない
外国!?的思考といいますか
の内容のおはなしもあります
例えば、「かしこいエルシー」
え〜っ って思っちゃう
きっと、こども達は想像の世界で
おかしさを膨らませて
大笑いなんでしょうね

「雪白とばら紅」は「かえるの王子」と似ているけど
こちらは、子どもの頃から好きでした
小人=妖精・いい人 と思い込んでいた私に
ガ〜ンときたくらい
ひどい小人の登場でびっくり
それでも、やさしく接する二人に
なんて偉いんだろう!と純粋に感心したんですね
私もそうあろう!と(笑
かえるの王子さまの時は違うじゃないですか
人間のいやらしさが出ちゃうというか
それもそうなんだけど・・・
でも、やっぱり、こっちのふたりのきれいな心を持った
2人に憧れます
その気持は、おばさんになっても
変わりません(笑

巻末には、松岡さんによる
ワンダの生涯についても書かれています
ワンだが心血を注いだ作品に魅了されるのは
当たり前です!!

小学生には、出逢ってほしい2冊です(しいら☆さん 50代・宮城県 )


【情報提供・絵本ナビ】

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アメリカの絵本黄金期に活躍したワンダ・ガアグ。幼いころからグリムのむかしばなしに親しみ、むかしばなしをこよなく愛してきたガアグが、生き生きとした再話とユーモアあふれる絵で贈りますー。『ブレーメンの音楽隊』『ラプンツェル』『雪白とバラ紅』など9話を収録。小学校中学年以上。

【目次】(「BOOK」データベースより)
ブレーメンの音楽隊/ラプンツェル/三人兄弟/つむと杼と縫い針/なんでもわかる医者先生/雪白とバラ紅/かしこいエルシー/竜とそのおばあさん/漁師とおかみさん

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ガアグ,ワンダ(G´ag,Wanda)
1893年アメリカ合衆国ミネソタ州に生まれる。絵を描くことを職にしていた父の跡を継いで10代から仕事をはじめ、版画家・絵本作家として活躍。主な作品は『100まんびきのねこ』など。1946年、逝去

松岡享子(マツオカキョウコ)
1935年神戸市生まれ。神戸女学院大学英文科、慶応義塾大学図書館学科を卒業後、渡米。ウエスタン・ミシガン大学大学院で児童図書館学を学んだ後、ボルチモア市公共図書館に勤務。帰国後、大阪市立中央図書館勤務を経て、自宅にて家庭文庫を開き、児童文学の翻訳、創作、研究を続ける。1974年、石井桃子氏らと、東京子ども図書館を設立し、現在同館名誉理事長。童話『くしゃみくしゃみ天のめぐみ』(サンケイ児童出版文化賞)など多数の作品がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2018年08月06日 - 2018年08月12日)

     :第-位( - ) > 絵本・児童書・図鑑:第5880位(↑) > その他:第1615位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

通常3〜4日程度で発送

1,728円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ