楽天ブックス限定お買いものパンダしおりプレゼントキャンペーン
母性のディストピア[宇野常寛]
  • Googleプレビュー

母性のディストピア
宇野 常寛

2,999円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 母性のディストピア 2,999円
紙書籍版 母性のディストピア 2,999円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年10月26日
  • 著者/編集:   宇野 常寛
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  512p
  • ISBNコード:  9784087711196

商品説明

宮崎駿、富野由悠季、押井守ーー戦後アニメーションの巨人たちの可能性と限界はどこにあったのか?

宮崎駿論4万字、富野由悠季論10万字、押井守論10万字の作家論を中核に、アニメから戦後という時代の精神をいま、総括する。
そして『シン・ゴジラ』『君の名は』『この世界の片隅に』--現代のアニメ・特撮が象徴するさまよえるこの国の想像力はどこにあるのか?

『ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とその射程を拡大してきた著者の新たな代表作にして、戦後サブカルチャー論の決定版。

【目次】
序にかえて
第1部 戦後社会のパースペクティブ
第2部 戦後アニメーションの「政治と文学」
第3部 宮崎駿と「母性のユートピア」
第4部 富野由悠季と「母性のディストピア」
第5部 押井守と「映像の世紀」
第6部 「政治と文学」の再設定
結びにかえて

【著者略歴】
宇野 常寛(うの つねひろ)
1978年生まれ。評論家。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)、『静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話』(河出書房新社)など多数。企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師、立教大学兼任講師。

【内容情報】(出版社より)
戦後のアニメーション作品を主軸に、日本社会の深層に切り込む独自の論考。政治と文学の関係性を読み解き、個人と世界の在りように新たな光をあてる、『リトル・ピープルの時代』に続く衝撃作。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
宮崎駿、富野由悠季、押井守、アニメーションの巨人たちの達成と限界から、戦後日本の深層に到達する衝撃作。「政治と文学」はいかに再設定されるべきか。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 戦後社会のパースペクティブ/第2部 戦後アニメーションの「政治と文学」/第3部 宮崎駿と「母性のユートピア」/第4部 富野由悠季と「母性のディストピア」/第5部 押井守と「映像の世紀」/第6部 「政治と文学」の再設定

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宇野常寛(ウノツネヒロ)
1978年生まれ。評論家。批評誌『PLANETS』編集長。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師、立教大学兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • スッキリ降板騒動の宇野さん
    chacoccoROOM
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2017年10月30日

    筆者はスッキリ降板騒動で話題になった宇野さん。今のメディアのポピュリズム体制を常に批判し続け、朝から過激な言葉で視聴者や共演者を驚かせていた彼ですが、彼の本分はこちら。実はすごく純粋な人なんじゃないかと思う。じっくり読みたい。

    6人が参考になったと回答

  • (無題)
    お客2
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2018年01月04日

    中身は面白いが、文章が英文の下手な直訳のような箇所が散在し、理解しがたいところがある。〜的、〜性を並べて定義が不明。ナルシズム的文章に見える。同じことを繰り返していて、最終章の2/3を読めば言いたいことは分かる。父性が不在の母性の余ったるい世界が蔓延する世界だと。かつていろいろな人が言っていることをアニメに見出したと。

    0人が参考になったと回答

  • 宇野さんの本を読みたかった
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年10月26日

    宇野さんのニコ生視聴者です。随分前からこの本のことをお話しされていたので、発売されたら読んでみたいと思ってました。長いようなので、時間をかけて読んでいきたいと思います。
    宮崎駿さんの作品について書かれている部分は、知っているので、読み進められておもしろかったです。40代前半の友人がジブリ作品を全然見ていなくて、好きでもないと言っていて、ジブリを見てない人に出会ったことがあまりなかったのですが、この本を読んであー、、、キャッチコピー、、アニメに精通していない自分は鈍感なのかな?と思いました。そういう新しい発見がありました。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと45

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,999円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    2. 2
      幸福の花束(2)
      幸福の花束(2)

      創価学会婦人部

      699円(税込)

    3. 3
      友だち幻想
      友だち幻想

      菅野仁

      799円(税込)

    4. 4
      日曜日の風景 Part2
      日曜日の風景 Part2

      VERY編集部

      1,728円(税込)

    5. 5
      銀行員はどう生きるか
      銀行員はどう生きるか

      浪川 攻

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ