[楽天スーパーSALE] 本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍
好古の瘴気近代奈良の郷土研究と蒐集家[黒岩康博]
  • Googleプレビュー

好古の瘴気 近代奈良の蒐集家と郷土研究
黒岩 康博

7,040円(税込)送料無料

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年11月18日
  • 著者/編集:   黒岩 康博
  • 出版社:   慶應義塾大学出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  384p
  • ISBNコード:  9784766424805

商品説明

【内容情報】(出版社より)
▼「大和にアンマリ物が多いからだ」。

アカデミズムの視線を撥ね返す、
あくなき蒐集・踏査と人々のネットワーク。
「郷土で研究する」(柳田国男)ことの
意味を近代奈良に探る。

 1870年代に廃県・廃仏毀釈による大変革を蒙った奈良県(大和国)。19世紀後半、中央のアカデミズムから、国威発揚のための良質な素材を抱いた地として熱い視線を受けながら、しかし現地で圧倒的に親しまれたのは、モノや場所を媒介にして強固に社会へと根付いた、体系性に欠け整合性も怪しい知識、すなわち「土着」した知であった。アカデミズムは、知の黒船とはなり得なかったのである。
 郷土研究者たちは、平城宮跡や南朝史蹟という土地の由緒を掌握・顕彰すべく格闘した19世紀をへて、20世紀に入って訪れた雑誌の季節(読書社会)には、師範学校を軸とするネットワークを駆使して、民俗研究を土俗研究に、考古学研究を金石研究に読み替えつつ盛んに研究を行った。それらは1930年代以降の郷土教育運動へもつながってゆく。そして、「帝国日本」を所与の背景に、仏教文物や実用マレー語といったモノと知識を求めて海外雄飛する者も現れる。
 本書は、近代奈良に充満する「好古の瘴気」に中てられた郷土研究者たちの、時に常識はずれで不道徳にすら見える興味深い営為ーー柳田国男のいう「郷土で研究」することーーを詳細に追い、そこに立ち現れる強烈な現場・現物主義と、場所(踏査)とモノ(収集)への飽くなき執着とから、地域の知的構造を明らかにする。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
アカデミズムの視線を撥ね返す、あくなき蒐集・踏査と人々のネットワーク。「郷土で研究する」(柳田国男)ことの意味を近代奈良に探る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
郷土に何が起こったか/顕彰のモニュメント(平城神宮創建計画と奈良ー「南都」と「古京」をつなぐもの/南朝史蹟の考証と地域社会ー北畠治房と賀名生村)/師範ネットワークと雑誌(高田十郎『なら』に見る近代大和の「地域研究」ネットワーク/「うまし国奈良」の形成と万葉地理研究/奈良万葉植物園の創設過程/蒐集家崎山卯左衛門の郷土研究)/雄飛する心身(雑誌『寧楽』の仏教美術研究ー郷土文化と請来古物/宮武正道の「語学道楽」-趣味人と帝国日本)/付録 インドネシアからの手紙ー兵士と言語研究者

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
黒岩康博(クロイワヤスヒロ)
1974年京都市生まれ。2004年京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学人文科学研究所助教を経て、2014年より天理大学文学部歴史文化学科講師。博士(文学)。専門は社会・文化・娯楽を主とする日本近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

7,040円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ