お茶の物語[王旭烽]
  • Googleプレビュー

お茶の物語
王旭烽

2,916円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックスご利用で+1倍!

SPUでいつでもポイント最大8倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
世界をめぐる茶文化の遙かなる源流。茶と人間との出会い、中国の文人や皇帝たちの愛した茶、さまざまな茶器や茶藝、日本やヨーロッパに伝わった茶文化の発展など、悠久の歴史を持つ茶の「物語」を作家の感性でいきいきと描く。

【目次】(「BOOK」データベースより)
遙かなる大茶樹/初めての出会い/無心に柳を挿せば柳蔭を成す/茶事の世説新語/陸納〓(おい)を杖うつ/陸羽はいかにして顧渚を見いだしたか/酒に始まり、茶に終わる/漉水嚢の由来/皇帝と茶/且く新火を将て新茶を試みん〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
王旭烽(オウキョクホウ)
1952年浙江省嘉興市生まれ。作家、茶文化学者。中国茶葉文化博物館勤務を経て、現在浙江農林大学芸術設計学院および人文・茶文化学院院長、教授。浙江省作家協会副主席。1980年より文芸作品を発表し、代表作として杭州の茶葉農家の四代にわたる歴史を描いた小説「茶人三部曲」(第一部『南方に嘉木あり』、第二部『不夜の侯』、第三部『草を築きて城となす』。第一部と第二部が第五回茅盾文学賞受賞)などがある

三瓶はるみ(サンペイハルミ)
東京都出身。お茶の水女子大学博士後期課程修了。敦煌文書中の民間文学である「茶酒論」(茶と酒の論争)、「燕子賦」(ツバメとスズメの論争)などを研究。短大卒業後、台湾旅行で中国語に接し、中国語の勉強を始める。大手商社で中国向け輸出業務を担当、中国の生産工場に四年半勤務。帰国後、お茶の水女子大学に学部編入、大学と大学院で中国の古典を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

午前中に注文完了分は当日発送

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

2,916円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ