本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
斑鳩宮始末記
  • Googleプレビュー

斑鳩宮始末記 (文春文庫)
黒岩 重吾

514円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2003年01月10日
  • 著者/編集:   黒岩 重吾
  • レーベル:   文春文庫
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  320p
  • ISBNコード:  9784167182359

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
調首子麻呂は百済からの渡来系調氏の子孫。文武に優れ、十八歳で廏戸皇太子(聖徳太子)の舎人になった。完成間近の奈良・斑鳩宮に遷った廏戸皇太子に、都を騒がす輩や謀叛人を取り締まるよう命じられた子麻呂は、秦造河勝や魚足らとともに早速仕事に取りかかるが、その矢先、何者かが子麻呂の命を狙う。

【目次】(「BOOK」データベースより)
子麻呂道/川岸の遺体/子麻呂の恋/『信』の疑惑/天罰/憲法の涙/暗殺者

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
黒岩重吾(クロイワジュウゴ)
大正13(1924)年、大阪に生れる。同志社大学卒業後、さまざまな職業遍歴ののち、昭和35年「休日の断崖」で文壇に登場、「背徳のメス」で第44回直木賞を受賞。55年「天の川の太陽」で第14回吉川英治文学賞を受賞。また「弓削道鏡」など一連の古代歴史ロマンにて、平成4年第40回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.75

ブックスのレビュー

  • この時代の小説にはまってます
    購入者さん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2010年10月20日

    はっきりわからないことが多い時代なのでいろいろ想像も出来て興味ぶかく読める。
    短めなのでちょっとした外出時におすすめです。

    0人が参考になったと回答

  • 購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2007年07月22日

    飛鳥時代という珍しい時代設定。伝奇物ではなく、感情移入できる人間ドラマとして楽しめました。江戸時代が舞台の捕物帖が好きな方も、ちょっと目先が変わって、楽しめると思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

ご注文できない商品

514円(税込)

送料無料

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章(後編)
      響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部…

      武田綾乃

      745円(税込)

    2. 2
      三鬼 三島屋変調百物語四之続
      三鬼 三島屋変調百物語四之続

      宮部 みゆき

      1,036円(税込)

    3. 3
      陸王
      陸王

      池井戸 潤

      1,080円(税込)

    4. 4
      帰郷
      帰郷

      浅田 次郎

      626円(税込)

    5. 5
      いまさら翼といわれても
      いまさら翼といわれても

      米澤 穂信

      734円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ