山の音(角川文庫)[川端康成]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 文庫 > 小説・エッセイ

山の音 (角川文庫)
川端 康成

748(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 山の音 748円
紙書籍版 山の音 748円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年10月25日頃
  • 著者/編集:   川端 康成
  • レーベル:   角川文庫
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  368p
  • ISBNコード:  9784041061541

よく一緒に購入されている商品

  • 山の音(角川文庫)[川端康成]
  • +
  • 明暗(角川文庫)[夏目漱石]
  • 山の音 (角川文庫)
  • 川端 康成

748円(税込)

在庫あり

836円(税込)

在庫あり

合計 1,584円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
会社社長の尾形信吾は、「山の音」を聞いて以来、死への恐怖に憑りつかれていたーー。日本の家の閉塞感と老人の老い、そして死への恐怖を描く。戦後文学の最高峰に位する名作。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
夜中に響く「山の音」。死への予告かのように思い、尾形信吾は恐怖を抱くようになった。出戻りの娘と孫、復員兵の息子の堕落。複雑な家族の有様に葛藤する信吾は、息子の妻、菊子への淡い恋心を生きる支えとするようになるがー。四季の移ろいの繊細な描写、折々に信吾が見る、時に現実的な夢。次第に変化してゆく家族の人間模様。生への渇望とともに、万人に訪れる老いや死を、鮮やかに捉えた川端康成晩年の傑作。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川端康成(カワバタヤスナリ)
大阪の開業医の長男として生まれたが、肉親と相次いで死別し、天涯孤独の少年期を送った。大正13(1924)年、東大国文科卒業。在学中より新進作家として注目されていた。日本の美と、女性の優しさを深く描出した「雪国」は海外でも評価が高い。昭和43(1968)年、日本人初のノーベル文学賞受賞。その4年後、72歳でガス自殺をとげた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.17

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】日本のいちばん長い日 決定版
      【入荷予約】日本のいちばん長い日 決定版

      半藤 一利

      660円(税込)

    2. 2
      惣目付臨検仕る 抵抗
      惣目付臨検仕る 抵抗

      上田秀人

      704円(税込)

    3. 3
      【予約】あきない世傳 金と銀(十) 合流篇
      【予約】あきない世傳 金と銀(十) 合…

      高田郁

      682円(税込)

    4. 4
      ノモンハンの夏
      ノモンハンの夏

      半藤 一利

      803円(税込)

    5. 5
      ギフト
      ギフト

      原田 マハ

      682円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ