本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > その他
日本は誰と戦ったのかコミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ[江崎道朗]
  • Googleプレビュー

日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追及するアメリカ
江崎道朗

1,272(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2017年11月27日頃
  • 著者/編集:   江崎道朗
  • 出版社:   ベストセラーズ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784584138298

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ヴェノナ文書で裏づけられる真珠湾攻撃というシナリオ。衝撃!米保守派の最新歴史研究。戦後の常識が全てひっくりかえる!ロシア革命から100年今明かされるスターリンの戦争犯罪。日米を戦争に追い込んだソ連の謀略。

目次(「BOOK」データベースより)

はじめにー日本は誰と戦ったのか/序章 日米開戦はスターリンの工作だったーアメリカ保守派の歴史見直しはここまで進んでいる/第1章 日米を開戦に追い込んだゾルゲ/第2章 「雪」作戦発動/第3章 オーウェン・ラティモアの暗躍/第4章 乗っ取られたホワイトハウス/第5章 ヤルタ会議を仕切ったアルジャー・ヒス/第6章 握り潰された「反ソ」報告書/第7章 ソ連の対日参戦まで日本を降伏させるな/第8章 ソ連の対米秘密工作は隠蔽されてきた/おわりにーソ連・コミンテルンという要因を踏まえた全体像を

著者情報(「BOOK」データベースより)

江崎道朗(エザキミチオ)
評論家。専門は安全保障、インテリジェンス、近現代史研究。1962年生まれ。九州大学卒業後、月刊誌編集、団体職員、国会議員政策スタッフなどを経て、2016年夏から本格的に評論活動を開始。月刊正論、月刊WiLL、月刊Voice、日刊SPA!などに論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(13件)

総合評価
 4.27

ブックスのレビュー(5件)

  • そうだったのか!
    bianco31
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年03月18日

    ちらちら耳にしていました。
    真珠湾攻撃をルーズベルトは事前に知っていた。
    それでも日本に攻撃させた、なぜ?
    どうして日本は開戦してしまったのか、ずっと謎で知りたかったんです。
    アメリカと戦ったら負けるとシミュレーションしていたにも関わらず。
    やはり嵌められたのでは、という思いがぬぐえないです。この本を読んで、さらに確信がもてました。
    ソ連の陰謀、本当に怖いですね。
    ソ連が終戦後に攻め込んできたことを、日本人はもっと深く考えるべきですね。

    1人が参考になったと回答

  • 一読の価値あり
    もっと楽天
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月12日

    日米開戦前から終戦に向けた米国の政治的判断に関して、ソ連(コミンテルン)の工作員がいかに関与していたかということを出典を明示しながら丹念に説明してあります。インテリジェンスの重要性を再認識させれれる本であり、ある意味、今も続いている状況に理解が深まり、偏向報道に引きずられないようにすることにも役立ちます。
    12月に購入していたのですが、ようやく読めました。比較的若い人にも読んでほしいと思う本でした。

    1人が参考になったと回答

  • 真実に触れた
    s.a50
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年01月10日

    伝えない、歪曲するなど恣意的に偏向報道する日本のマスコミに振り回されず、真実の歴史を知り未来に備えていくのにとても参考になりました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ