東電原発裁判福島原発事故の責任を問う[添田孝史]
  • Googleプレビュー

東電原発裁判 福島原発事故の責任を問う (岩波新書)
添田孝史

842円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 東電原発裁判 福島原発事故の責任を問う 842円
紙書籍版 東電原発裁判 842円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年11月
  • 著者/編集:   添田孝史
  • レーベル:   岩波新書
  • 出版社:   岩波書店
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784004316886

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二〇一七年春、司法が大きな一歩を踏み出した。福島原発事故における東京電力の刑事責任を問う初公判が開かれたのである。津波の予見は不可能とする被告の主張は真実なのか。各地で継続中の賠償訴訟とともに、裁判を通じて明らかにされたデータと証拠から、事故の原因をあらためて検証する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 始まった裁判/第2章 2008年の「衝撃」/第3章 消された報告書/第4章 前橋地裁判決/第5章 科学の「不確実さ」、司法は裁けるか/第6章 残された課題

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
添田孝史(ソエダタカシ)
1964年生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。サイエンスライター。1990年朝日新聞社入社、大津支局、学研都市支局を経て、大阪本社科学部、東京本社科学部などで科学・医療分野を担当。2011年に退社、以降フリーランス。1997年から原発と地震についての取材を続け、東電福島原発事故の国会事故調査委員会では協力調査員として津波分野の調査を担当した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年12月06日

    前作の、原発と津波 警告を葬った人たち、とあわせて読みました。
    おすすめです。もりかけ事件、とおなじ構図の電力・原子力ムラ版。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

取り寄せ

通常3〜7日程度で発送

842円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    3. 3
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    4. 4
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎
      始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で…

      渡邉 義浩

      864円(税込)

    5. 5
      年齢は捨てなさい
      年齢は捨てなさい

      下重暁子

      864円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ