いい加減に目を覚まさんかい、日本人! これ以上のさばらせるな!めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
百田尚樹

1,620円(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 いい加減に目を覚まさんかい、日本人!ーーめんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮 1,620円
紙書籍版 いい加減に目を覚まさんかい、日本人! 1,620円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人[百田尚樹]
  • +
  • 日本人よ、韓国に謝ろう(仮)[百田尚樹]
  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人! これ以上のさばらせるな!めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
  • 百田尚樹

1,620円(税込)

在庫あり

1,399円(税込)

在庫あり

合計 3,019円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
『今こそ、韓国に謝ろう』の百田尚樹と『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』のケント・ギルバートが大激論!これでいいのか日本!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 いつまで平和ボケしているつもりだ、日本人!(講演会を中止に追い込んだ怪しげな組織/「反レイシズム情報センター」(ARIC)の正体 ほか)/第2章 儒教に囚われた国・韓国が鬱陶しい(なぜ、韓国の反日が止まらないのか/漢字を捨てて、歴史が途絶えた ほか)/第3章 侵略国家・中国が日本を狙う(領土は一平方センチでも譲ってはならない/フォークランド諸島を奪い返したサッチャー元首相を見習え ほか)/第4章 メディアは日本の敵だ(『カエルの楽園』が現実に!/次々と国際問題を作り上げている「朝日新聞」。中韓に利用されていることに気づかないのか! ほか)/第5章 平和ボケした日本人が戦うときが来た!(子供たちに教えるべきは、国の誇り/日の丸を切り刻んだ民主党 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
百田尚樹(ヒャクタナオキ)
1956(昭和31)年、大阪府生まれ。同志社大学中退。「探偵!ナイトスクープ」などの人気番組の構成作家として活躍。2006年、『永遠の0』(太田出版)で作家デビュー。『海賊とよばれた男』(講談社)で、第10回本屋大賞受賞

ギルバート,ケント(Gilbert,Kent Sidney)
1952年、アメリカ合衆国ユタ州出身。70年、ブリガムヤング大学入学。翌年、モルモン宣教師として初来日。80年、経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)、カリフォルニア州弁護士資格を取得後、国際法律事務所に就職して東京へ赴任。83年、クイズ番組に出演して一躍人気タレントへ。2015年、アパ日本再興財団による第8回「真の近現代史観」懸賞論文の最優秀藤誠志賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(8件)

総合評価
 4.5

ブックスのレビュー

  • 百田尚樹
    千葉のてるちゃん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年04月04日

    百田先生のファンなので購入しました。満足です。

    0人が参考になったと回答

  • いい加減に目を覚まさんかい!〜
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2017年11月29日

    対談本。厳しい意見もありますが、ほんとにしっかりとしないといけませんね。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2019年08月12日 - 2019年08月18日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 社会:第545位(↑) > その他:第78位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと10

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ