黒船の世紀<外圧>と<世論>の日米開戦秘史(角川ソフィア文庫)[猪瀬直樹]
  • Googleプレビュー

黒船の世紀 <外圧>と<世論>の日米開戦秘史 (角川ソフィア文庫)
猪瀬 直樹

1,382円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 黒船の世紀 <外圧>と<世論>の日米開戦秘史 1,382円
紙書籍版 黒船の世紀 <外圧>と<世論>の日米開戦秘史 1,382円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦争に至る空気はいかに醸成されたのか。黒船以後の<外圧>と戦争を後押しした<世論>を、日露戦争以後多数出版された「日米未来戦記」と膨大な周辺取材から炙り出した、作家・猪瀬直樹の不朽の名著。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“ハワイへの奇襲攻撃”も“東京への空襲”も“日本の敗戦”も、すべては予言されていたものだったー。日露戦争以後、日米で多数出版された「日米未来戦記」。もはや忘れられた存在となった作品群と膨大な周辺取材から、日本人を襲った黒船以後の“外圧”や、戦争を後押しした“世論”を読み解き、戦争に至る空気がいかに醸成されたのかを炙り出す。作家・猪瀬直樹の不朽の大作。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1部 太平洋へ向かうベクトル(外圧と薄幸の異端児/『次の一戦』の結末/“リー将軍”の冒険/忍びよる黄色い影法師/平和は美しいか醜いか)/第2部 日米未来戦記の流行(欧州の荒野に立ちて/戦争は最大の冒険なり/あるスパイの回想/英国人の『太平洋大戦争』/強い日本を求める空気)/第3部 物語と現実の交錯(東京大空襲を予知して/戦争を知らない作家の登場/ニューヨークで聞いた“怪談”/なぜ真珠湾なのか/オレンジ色の作戦)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
猪瀬直樹(イノセナオキ)
作家。1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2002年6月小泉純一郎首相の下で道路公団民営化委員に就任。07年6月石原慎太郎東京都知事の下で副知事に就任。12年に東京都知事に就任、13年12月辞任。日本文明研究所所長、大阪府市特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,382円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ