本・雑誌全品対象!条件達成でポイント最大10倍!
成長する企業の戦略を支える最強の会計力(仮)[東洋経済新報社]
  • Googleプレビュー

会社四季報から始める企業分析 最強の会計力
東洋経済新報社

1,296円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

【24時間限定】本・雑誌が全品対象!

エントリーはこちら
※条件達成でポイント最大10倍

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
会社四季報から始める企業分析

なぜ、これからの企業経営に会計的思考が必要なのか?
国内先進企業のケーススタディをもとに会計の活用法を解説する。
強い会社はどこが違うのか?-決算書を読みこなせば成長企業を発掘できる!

ROE、ROA、ROIC、EBITDA、WACCなど難しい会計用語がラクラクわかる。
会社四季報だからできるデータ、ランキング満載。
決断を求められるビジネスパーソン必読の知的興奮に満ちた一冊。

■会計最前線 成長戦略の扉を開く
・企業経営の最前線では今、会計的手法を経営戦略に生かす巧拙が勝敗をわけるカギになりつつあります。
 カルビーの松本晃会長兼CEO、経営共創基盤(IGPI)の冨山和彦CEOに、強い企業を築き上げるための会計活用法を語ってもらうと同時に、ソフトバンクや東芝など最前線の動きを、会計的な視点から解きほぐします。

■先進企業はどう会計指標を使っているか?
・売上高をいくらにすれば赤字を脱するか?売上高が変わると利益はどう変わるか?成長企業が使う“管理会計”を解き明かします。
・会計指標をKPI(重要業績評価指標)に生かせば、企業価値を向上させられる。その手法を、スタートトゥデイ、ジンズ、ピジョン、東京急行電鉄などの事例をもとに、わかりやすく解説します。
・ニトリホールディングス、花王、サイバーエージェント、ハマキョウレックスなど、会計的手法を経営戦略に生かす先進企業を、東洋経済記者が徹底取材します。きっとあなたの会社の参考になるケーススタディがあります。
・他社が何を重視して経営しているのか?『会社四季報』が調査した、有力企業のKPIを大公開します。

■財務がわかれば企業が見える
・未来の成長企業を見つけるための手掛かりとなる決算書。それをチェックするためには、何に注目すればいいのか?決算書を読みこなすためのポイントを解説します。
・上場企業の間で導入が進み、注目を集めるIFRS。その先行導入企業であるHOYAに、採用したメリットとデメリットを語ってもらいます。

■四季報のデータを徹底活用ー収益性・成長性・安全性で上場企業をランキング
・ROEはどう評価すれば良いのか?その見方から、ROA、売上高・営業利益・株式時価総額推移など、さまざまな視点から上場企業を分析します。

■これで完璧!会計ブックガイド
本書執筆陣の推薦などをもとに、編集部が選んだスキルアップに役立つ14冊をご紹介します。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
先進企業は会計をどう経営に生かしているのか?ソフトバンクグループ、ニトリホールディングス、花王、サイバーエージェント、HOYA、ピジョンetc.ROE、ROA、ROIC、EBITDA、WACCも徹底解説。各社KPI調査データ掲載。会社四季報だからできるデータ、ランキング満載。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 会計最前線 成長戦略の扉を開く(interview・日本企業は「宝の山」シンプルな指標こそ高収益への道ー松本晃カルビー代表取締役会長兼CEO/interview・勝ち残る企業の会計数字の使い方ー冨山和彦経営共創基盤代表取締役CEO/ソフトバンクグループ孫正義氏「300年帝国」への野心と焦燥 ほか)/2 先進企業はどう会計指標を使っているか?(管理会計を使えば強い会社の秘密がわかる/企業価値を向上させる会計指標KPI活用法/ケーススタディ・成長企業の最強ノウハウ)/3 財務がわかれば企業が見える(自分で作ればわかる、決算書のつながり/ポイントは15の経営指標ー安全性、収益性、将来性をどう見るか?/IFRS・HOYAに見る導入のメリット・デメリット ほか)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

  • 企業の会計をいかす事例がわかる
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年08月12日

    個人投資家の株式投資のバイブルである「会社四季報」を発行している東洋経済新報社が、ビジネスに必須のツールとなった会計を、先進企業はそれをどう経営に生かしているのか、豊富な企業の取り組みを中心に解説したMOOK本である。MOOK本なので、誌面も大きく、カラーページもあって、読みやすい。ただ、個人的には会計力ということばには若干違和感がある。というのは、東芝を始め、ここ数年、日本企業においても不適切会計の事例が多く、会計力どころか、適切な会計ルールを逸脱する行為に邁進する経営者が多く、むしろ、倫理観のある会社を見つける方法に焦点を絞った書籍があればいいと思っている。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと5

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,296円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      心を強くする
      心を強くする

      サーシャ・バイン

      1,500円(税込)

    2. 2
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起きること
      未来の地図帳 人口減少日本で各地に起き…

      河合 雅司

      928円(税込)

    3. 3
      バカでも稼げる「米国株」高配当投資
      バカでも稼げる「米国株」高配当投資

      バフェット太郎

      1,620円(税込)

    4. 4
      ハッタリの流儀
      ハッタリの流儀

      堀江貴文

      1,512円(税込)

    5. 5
      ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”
      ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイ…

      及川圭哉

      1,620円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ