原発とニホンの核武装原子力事業のタブーを明かす(詩想社新書)[武田邦彦]
  • Googleプレビュー

原発とニホンの核武装 原子力事業のタブーを明かす (詩想社新書)
武田邦彦

993円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

  • 発売日:  2017年11月21日頃
  • 著者/編集:   武田邦彦
  • レーベル:   詩想社新書
  • 出版社:   詩想社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  237p
  • ISBNコード:  9784908170096

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
原子力研究者だった著者が、福島原発事故を引き起こしてしまった日本の原発事業の問題点を整理し、原発推進派、反対派それぞれの主張と、原発の本当の必要性を科学的に精査、原発と核武装の関係までを読み解き、なぜ日本がいまだに原発をやめないのか、その深層に迫る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 原発事故、そのとき何が起こっていたのか/第2章 原発を再開したい人たちの本当の理由/第3章 原発に反対する人たちの本当の理由/第4章 技術的、経済的に見た原発の真の必要性/第5章 事故で明らかになった政府、マスコミ、専門家の無責任体質/第6章 福島に帰ることができるのか/第7章 原発と日本の核武装の必要性/第8章 日本が原発事故を乗り越えるために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
武田邦彦(タケダクニヒコ)
1943年、東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学学科卒業。工学博士。専攻は資源材料工学。旭化成工業ウラン濃縮研究所所長、芝浦工業大学工学部教授、名古屋大学大学院教授を経て、中部大学総合工学研究所特任教授。名古屋市経営アドバイザー。内閣府原子力委員会および安全委員会の専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員を歴任。原発と放射線被曝の危険性や、環境問題の真相などを、科学者の立場から鋭く指摘し、テレビ、雑誌等でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

993円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      看る力 アガワ流介護入門
      看る力 アガワ流介護入門

      阿川 佐和子

      842円(税込)

    2. 2
      探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知っている
      探偵チームKZ事件ノート 消えた黒猫は知…

      住滝 良

      885円(税込)

    3. 3
      いみちぇん!(13) ゆれるキモチと修学旅行
      いみちぇん!(13) ゆれるキモチと修学…

      あさば みゆき

      712円(税込)

    4. 4
      「さみしさ」の研究
      「さみしさ」の研究

      ビート たけし

      820円(税込)

    5. 5
      旧名門校 VS 新名門校
      旧名門校 VS 新名門校

      矢野 耕平

      885円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ