イチオシ本フェア 2024
現在地
トップ >  > ライトノベル > 少年 > メディアファクトリー MF文庫J

Re:ゼロから始める異世界生活15 (MF文庫J)
長月 達平

704(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • Re:ゼロから始める異世界生活15(MF文庫J)[長月達平]
  • +
  • Re:ゼロから始める異世界生活14(MF文庫J)[長月達平]
  • Re:ゼロから始める異世界生活15 (MF文庫J)
  • 長月 達平

704円(税込)

在庫あり

704円(税込)

在庫あり

合計 1,408円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

咆哮の轟くロズワール邸で、ついに激突するエルザとガーフィール。頼れる援軍に仇敵を任せ、スバルはようやくベアトリスと、待ち望んだ再会の場面へ到達する。
時を同じくして、『試練』に臨むエミリアは自らの『ありうべからざる今』と相対し、本来ならばありえなかった幸福な世界で、魔女の描く祝福に包まれる。
魔人と鬼と精霊が、商人と村娘と半獣が、そして恐るべき魔獣が入り乱れるループの中で、バラバラだった仲間たちが今、一丸となって進むべき未来を切り開くーー。
「--俺の名前はナツキ・スバル。エミリア。--君だけの、騎士だ」
大人気Web小説、四章完結の第十五幕。--月下、出鱈目なステップを、君と。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

咆哮の轟くロズワール邸で、ついに激突するエルザとガーフィール。頼れる援軍に仇敵を任せ、スバルはようやくベアトリスと、待ち望んだ再会の場面へ到達する。時を同じくして、『試練』に臨むエミリアは自らの『ありうべからざる今』と相対し、本来ならばありえなかった幸福な世界で、魔女の描く祝福に包まれる。魔人と鬼と精霊が、商人と村娘と半獣が、そして恐るべき魔獣が入り乱れるループの中で、バラバラだった仲間たちが今、一丸となって進むべき未来を切り開くー。「-俺の名前はナツキ・スバル。エミリア。-君だけの、騎士だ」大人気Web小説、四章終結の第十五幕。-月下、出鱈目なステップを、君と。

関連特集

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.80

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年03月03日

    子どもに頼まれ購入しました。
    面白いそうです。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    ぴならむ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年11月27日

    お見せで買うよりポイントが付くのでこちらの方がお得でした!

    0人が参考になったと回答

  • その人は弱いのに高望みで勝手な人でした。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年01月01日

    彼女は約束で多くの本が収められた禁書庫の司書を任されています。禁書庫を選ばれし人に託せと言われています。中に入れるのは一部のものと無礼ものです。彼女は一日のほとんどを扉の正面にある椅子に座って過ごします。それは無礼ものを即座に排除するためか、その人を待つためか、それとも。ある日、そこに一人の少年がやってきました。その少年を彼女は招き入れまいとしていたのにも関わらず何故か入ってきます。驚いたのはお互い様で、初めての出会いは最悪でした。そこから彼女は、これまでのものと同じように少年を遠ざけようとしますが、少年は必ず入ってきます。なので、実力行使で追い出してやると、あっさり入ってこなくなります。そして、また本に眼を落とすのですが、先ほどより気が進みません。その少年が何をしたせいでしょう。だからなのか、また扉が開かれてしまいます。でも、先ほどより追い出す行為に気が進みません。どうでもよくなったのか彼女は諦めて、少年は居座ります。そして、少年はこちらが心を開いていないのにも関わらず、頼み事や与太話をしにやってきます。こちらの時間を奪っていくので普通よりも一日が早く感じます。この場所の扉が開けるからっていい気にでもなっているのでしょうか。何故この少年が扉を開けられるのか考えましたが、阿呆らしくなって考えるのもやめました。今日は少年が何やら遠出をするそうで、しばらくこの場所には来れなくなります。これでやっと静かに過ごせると安堵しました。時間があるので、いつもより多くのことができます。でも、どうしてか気乗りしません。戻ってきたらまたうるさくなるので今のうちにしておかないと後悔するのに。やがて、帰ってきたと思ったら今度はどこか静かで、驚きました。でもすぐにまたうるさくなります。そして、また遠くへ行くそうです。少年がいなくなって、数日、外がやけに騒がしいのです。誰かが帰ってきたのだと思いきや彼女を脅かす存在でした。彼女は明日もまた同じように過ごすだけ、その存在を追い出そうともせず諦めていました。それでも彼女とって一番大切な本は両手で離さずに。そんな時、扉が開きました。少年です。少年は彼女を連れ出そうとします。こちらの覚悟も知らないで、自分の覚悟を差し出してくる卑怯ものです。そこは終焉を迎えます。ごとんと何かが落ちる音がしました。卑怯ものは卑怯なので本ではなく人を永遠に借りていきました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと35

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

[ シリーズ ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ライトノベル

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編11
      【予約】ようこそ実力至上主義の教室へ …

      衣笠彰梧

      748円(税込)

    2. 2
      薬屋のひとりごと 8
      薬屋のひとりごと 8

      日向夏

      693円(税込)

    3. 3
      薬屋のひとりごと 5
      薬屋のひとりごと 5

      日向夏

      660円(税込)

    4. 4
      薬屋のひとりごと 10
      薬屋のひとりごと 10

      日向夏

      748円(税込)

    5. 5
      薬屋のひとりごと 4
      薬屋のひとりごと 4

      日向夏

      682円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ