改憲的護憲論[松竹伸幸]
改憲的護憲論[松竹伸幸] 改憲的護憲論(集英社新書)[松竹伸幸]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

改憲的護憲論 (集英社新書)
松竹 伸幸

799円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 改憲的護憲論 724円
紙書籍版 改憲的護憲論 799円

商品基本情報

  • 発売日:  2017年12月15日
  • 著者/編集:   松竹 伸幸
  • レーベル:   集英社新書
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  224p
  • ISBNコード:  9784087210149

商品説明

◆推薦◆



「あるがままの9条が大切、

そして災害救援と専守防衛の自衛隊をリスペクト。




そんな国民合意が、すでに広く深く根付いている。これが、憲法とともに歩んだ私たちの70年目の到達点だとしたら、それはまた、「9条のもとの自衛隊」はどうあるべきかを、腹をくくって追求する出発点であるはずだ。9条に自衛隊を付記するという安倍改憲パフォーマンスの出る幕はない」

池田香代子(ドイツ文学翻訳家/九条の会・世話人)



◆内容◆



1946年、

吉田茂は自衛権を否定し、

日本共産党は肯定し、その後も一度も否定していなかったーー。



憲法論議の「思い込み」を解きほぐす!




2017年10月の衆議院選挙で争点となった改憲。しかし政権与党が提示する、憲法9条に自衛隊を明記する加憲案をめぐって、国民、メディアの間で、その狙いや問題点に関する議論はどれほど深まっただろうか。

自衛隊を明記しようという加憲案と明記を許さないという護憲派。護憲派が従来の立場からどんなに批判を展開しても、改憲派と護憲派の争いの焦点は、自衛隊を認めるかどうかにあると国民の目に映るとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている現状において、護憲派は見放されるのではないか。だとしたら、護憲派はどんな論点を提示できるのかーー。著者が深い危機感からたどりついた「改憲的護憲論」を世に問う一冊。



◆目次◆



第一章 護憲派とはどういう人のことか

1 非武装の改憲派、専守防衛の護憲派の登場

2 専守防衛か非武装中立かの対立は見せかけ

3 九条に加憲する案とどう向き合うのか



第二章 「戦争」と「平和」は対義語なのか

1 侵略戦争と同じ数だけの自衛戦争がある

2 戦争と平和は通じ合っている

3 戦後の世界で、戦争は減少する傾向にある



第三章 共産党は憲法・防衛論の矛盾を克服できるか

1 「中立自衛」政策のもとでの矛盾と葛藤

2 憲法九条を将来にわたって堅持する時代の矛盾

3 どうやったら矛盾を乗り越えられるか



終 章 護憲による矛盾は護憲派が引き受ける



補 論 自衛隊の意見・合憲論を乗り越える

1 名古屋高裁イラク判決の意味を探る

2 長沼訴訟違憲判決の論理構造

3 国民の生命を守るのは憲法違反か



◆著者略歴◆

松竹 伸幸(まつたけ のぶゆき)

1955年長崎県生まれ。 ジャーナリスト・編集者、日本平和学会会員、自衛隊を活かす会(代表・柳澤協二)事務局長。専門は外交・安全保障。一橋大学社会学部卒業。『9条が世界を変える』『「日本会議」史観の乗り越え方。』(かもがわ出版)、『反戦の世界史』『「基地国家・日本」の形成と展開』(新日本出版社)、『憲法九条の軍事戦略』『集団的自衛権の深層』『対米従属の謎』(平凡社新書)など著作多数。

【内容情報】(出版社より)
2017年10月の衆議院選挙で争点となった改憲。自衛隊を明記しようという加憲案と許さない護憲派。国民多数が自衛隊に共感を持つ中で護憲派は生き残れるか。著者が深い危機感から世に問う改憲的護憲論。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二〇一七年一〇月の衆議院選挙で争点となった改憲。しかし政権与党が提示する、憲法九条に自衛隊を付記する加憲案をめぐって、国民、メディアの間で、その狙いや問題点に関する議論はどれほど深まっただろうか。自衛隊を付記しようという加憲案と付記を許さない護憲派。護憲派が従来の立場からどんなに批判を展開しても、改憲派と護憲派の争いの焦点が、自衛隊を認めるかどうかにあると国民の目に映るとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている今、護憲派は見放されるのではないか。だとしたら、護憲派はどんな論点を提示できるのかー。著者が深い危機感からたどりついた「改憲的護憲論」を世に問う一冊。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 護憲派とはどういう人のことか(非武装の改憲派、専守防衛の護憲派の登場/専守防衛か非武装中立かの対立は見せかけ ほか)/第2章 「戦争」と「平和」は対義語なのか(侵略戦争と同じ数だけの自衛戦争がある/戦争と平和は通じ合っている ほか)/第3章 共産党は憲法・防衛論の矛盾を克服できるか(「中立自衛」政策のもとでの矛盾と葛藤/憲法九条を将来にわたって堅持する時代の矛盾 ほか)/終章 護憲による矛盾は護憲派が引き受ける/補論 自衛隊の違憲・合憲論を乗り越える(名古屋高裁イラク判決の意味を探る/長沼訴訟違憲判決の論理構造 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
松竹伸幸(マツタケノブユキ)
1955年長崎県生まれ。ジャーナリスト・編集者、日本平和学会会員、自衛隊を活かす会(代表・柳澤協二)事務局長。専門は外交・安全保障。一橋大学社会学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

799円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      恥をかかないスピーチ力
      恥をかかないスピーチ力

      齋藤孝(教育学)

      820円(税込)

    3. 3
      50歳から始める英語
      50歳から始める英語

      清涼院流水

      842円(税込)

    4. 4
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    5. 5
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ
      富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸…

      鎌田 浩毅

      1,080円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ