現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > ノンフィクション > ノンフィクション(外国)
されど愛しきお妻様「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間[鈴木大介]
されど愛しきお妻様「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間[鈴木大介] されど愛しきお妻様「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間[鈴木大介] されど愛しきお妻様「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間[鈴木大介]
  • Googleプレビュー

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間
鈴木 大介

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2018年01月25日頃
  • 著者/編集:   鈴木 大介
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  234p
  • ISBN:  9784062208888

商品説明

【内容情報】(出版社より)
41歳で脳梗塞で倒れたものの、懸命なリハビリの末に見事現場復帰したルポライターの鈴木大介さん。鈴木さんが高次脳障害を受容するまでの行程を描いた記事は大反響を呼びました。 そんな鈴木さんの闘病生活を支えた「お妻様」。鈴木さんと「家事力ゼロな大人の発達障害さん」だった「お妻様」が悪戦苦闘しつつ、「超動けるお妻様」になるまでの笑いあり、涙ありの日々をお届けします。


発達障害妻と脳梗塞夫の愛と笑いと涙の実話!
41歳で脳梗塞で倒れたものの、懸命なリハビリの末に見事現場復帰したルポライターの鈴木大介さん。鈴木さんが高次脳障害を受容するまでの行程を描いた記事は大反響を呼びました。 そんな鈴木さんの闘病生活を支えた「お妻様」。鈴木さんと「家事力ゼロな大人の発達障害さん」だった「お妻様」が悪戦苦闘しつつ、「超動けるお妻様」になるまでの笑いあり、涙ありの日々をお届けします。
まえがき

第1章  彼女様との出会い
わたしは駄目な子要らない子/メンタル病んだ女性しか好きになれない?/スケープゴート型のアダルトチルドレン/あらゆる「せめて」が打ち負かされていく/なにがなんでも2人で行動/フライングカレー皿事件/断薬してバイトを始める
第2章  彼女様がお妻様に
あの彼女様が戻ってきた/「スルー力」と「逆ギレ力」/ネタの範疇/ぼぼぼぼくとけけけけっこんしてください/加速するカオス/薬の力を借りて/精神的DV夫
第3章  まずお妻様が倒れ、そして僕も倒れる
お妻様の死を予感する/ヒャッハーしてましたよね/涙を流したのはたった一度きり/なるべくしてなった/ようやくあたしの気持ちがわかったか/高次脳と発達障害は同じもの
第4章  発達障害妻&高次脳夫の家庭改革
発見と考察の日々/ルンバをポチる/お互いに譲れないこと/お義母ちゃん登場/そんなんで泣くなよ、面白いから/ようやくコンセプトが固まる/まだありがとうが足りねえ/「なぜできないのか」が見えてきた/ネオお妻様の誕生/わかるわかるわかる。それめっちゃわかる!/結局「頼んだ方が早い」/いちいち凹んでたら、死んじゃうよ?/今日はザワチンなの?/炊事的化学反応/「頑張ってる量」が平等になった
第5章 なぜお妻様の発達障害を治療しないのか
不自由の先輩/発達障害も含めたパーソナリティが好き/やっぱり家事は2人でやった方が楽しいよね/以前の2人には戻りたくない/お父ちゃんのちゃぶ台返し/「やれて当たり前」がやれない辛さ/「障害に甘えるな」は禁句
あとがき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
41歳で脳梗塞に倒れたものの、懸命なリハビリの末に現場復帰したルポライター。その闘病生活を支えた「お妻様」、実は「大人の発達障害さん」なのでした。「家事力ゼロだったお妻様」と、高次脳機能障害となった夫が、悪戦苦闘しつつ「超動けるお妻様」と「妻を理解できる夫」になるまでの、笑いあり涙ありの18年間を辿ります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 彼女様との出会い(わたしは駄目な子要らない子/メンタル病んだ女性しか好きになれない? ほか)/第2章 彼女様がお妻様に(あの彼女様が戻ってきた/「スルー力」と「逆ギレ力」 ほか)/第3章 まずお妻様が倒れ、そして僕も倒れる(お妻様の死を予感する/ヒャッハーしてましたよね ほか)/第4章 発達障害妻&高次脳夫の家庭改革(発見と考察の日々/ルンバをポチる ほか)/最終章 なぜお妻様を治療しないのか(不自由の先輩/発達障害も含めたパーソナリティが好き ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鈴木大介(スズキダイスケ)
1973年千葉県生まれ。「犯罪する側の論理」「犯罪現場の貧困問題」をテーマに、裏社会・触法少年少女らの生きる現場を中心とした取材活動を続けるルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(31件)

総合評価
 4.43

ブックスのレビュー

  • 救われました
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月20日

    夫と子供、同僚など私には身近な存在に発達障害者がいます。
    発達障害に関する本も読み漁り、その個性を理解しようと努力もしたつもりです。
    しかしその特有な個性は共同生活する上で、大変私を悩ませ苦しめ負担を強いられ、私自身出口のないストレスから体調を崩してしまいました。
    発達障害当事者の感覚は当事者になってみなければ分からないし、
    非当事者の感覚も当事者には分からない。
    分からない者同士が互いに被害者意識を持ちながら、加害者でもある。
    この本を読んでそんな悪循環から抜け出せそうな気がしています。
    発達障害者に対して腹を立てたり、理解ができない自分を責めたりしてきましたが、誰も悪くなかったのだと思えてきました。
    著者は当事者と非当事者の両方を経験された方で、両方の立場の感覚や想いをリアルに表現されています。
    専門書を読んでも関わり方やサポートの仕方がイマイチ分からない方には必読です。
    私はこの本を読んでから心が穏やかになり、発達障害の子供に対しても叱ることがなくなりましたし、接し方やサポートの仕方も要領を得てきました。
    子供にとっても理解してもらえてる安心感と、求めるサポートが得られることで落ち着いてきました。
    また子供の将来を考える意味でも、子供にも読んでもらおうと思っていたところ本人から読みたいと言ってきました。
    当事者、非当事者の両方にとって、長いトンネルから抜け出せるとても良い本だと思いました。
    著者の鈴木大介氏には感謝の気持ちでいっぱいです。
    ぜひドラマ化して頂きたいです。
    発達障害だと分からないまま辛い想いをしている当事者、その周りの人々もたくさんいると思いますので。

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    ノンちゃんdaikoku
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月08日

    商品も お店の対応も たいへん満足しました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年07月03日

    電子で買って、本でも買いました。本当にオススメの本です。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ