身近な鳥の「すごい」図鑑(仮)[細川博昭]
  • Googleプレビュー

身近な鳥のすごい事典 (イースト新書Q)
細川博昭

950円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 身近な鳥のすごい事典 864円
紙書籍版 身近な鳥のすごい事典 950円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
驚異の能力で千キロ超の距離を飛び帰巣するハト。神の遣いから一変、ある時代から嫌われ者になってしまったカラス。二千年も人と暮らし、その関係が濃すぎる故に数を減らしつつあるスズメ。遙かな昔から私たちの傍には鳥の姿があった。現代、東京の空にはインド・スリランカ産の群やかな緑色のインコが飛び、いずれ「日本の鳥」となるといわれる。鳥たちの歴史は長くその世界は驚くほど広い。身近に見られる35種の鳥たちの意外な歴史とたくましい生き方を紹介する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 人間といい距離で暮らす(ハトが秘めている驚異的な能力 ドバト/神の遣いにして、恋の鳥 ハシボソガラスとハシブトガラス ほか)/2章 日本人から愛されて(平安貴族に愛玩された鳥 ヒヨドリ/ウグイス色はメジロ色? メジロとウグイス ほか)/3章 水辺でなごむ(水戸黄門も長屋王もツルを飼った タンチョウ/ユリカモメとミヤコドリの微妙な関係 ユリカモメとミヤコドリ ほか)/4章 気がつくとそこにいる(鳥の芸といえばヤマガラだった ヤマガラとシジュウカラ/トビはあまり猛禽類らしくない? トビ ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
細川博昭(ホソカワヒロアキ)
作家。サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、ほか所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2018年06月23日

    周りにいる鳥が少しずつわかってきました。

    0人が参考になったと回答

  • 真面目な学術書なのに、文章がめっちゃ面白
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年05月14日

    ヒヨドリの頭頂部の毛が立っているのがパンクロッカー?!
    サギが唯一嫌いと言っているのが清少納言?!
    しかも、好き嫌いの激しい清少納言のことだから、なんて書いてある。
    スズメにカラスにとんびに…真面目ーな学術書なのに、笑いながら読んでしまった。
    本文に添えてあるイラストは国会図書館にある図譜から引用され、
    普通の事典にのるべき写真と説明は章末に。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

950円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ