遺言私が見た原子力と放射能の真実[服部禎男]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

遺言 私が見た原子力と放射能の真実
服部禎男

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 遺言 972円
紙書籍版 遺言 1,620円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
闇に葬られた原子力技術とは…。電力業界の異端児がどうしても伝えたかったこと。真実を知らされていない国民への最後のメッセージ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにー異常気象と貧富の差の拡大がもたらす人類の不幸/第1章 超小型原発は世界を救うー50年温め続けた革新的原発/第2章 闇に葬られた技術ーアメリカが教えてくれた乾式再処理と金属燃料/第3章 「パンドラの約束」とは何だったのかーアルゴンヌでの奇蹟と誓い/第4章 原発と放射線に関する誤解ー原子力を怖がらせる必要があった/第5章 放射線ホルミシスとはー福島の健康被害など絶対にありえない理由/第6章 神の贈り物としての原子力と日本人の使命ー2発の原爆と原発事故を日本が受けた意味/おわりにー神様は人類の幸せを願っている

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
服部禎男(ハットリサダオ)
1933年7月27日生まれ。愛知県出身。東京大学工学博士。名古屋大学工学部電気学科卒業後、中部電力に入社。入社翌年、東京工大原子核工学修士課程に入学。卒業後、アメリカのオークリッジ原子力研究所原子炉災害評価研修課程へ。1971年原子力リスク解析理論を発表。1972年動燃事業団・新型原子炉開発本部へ出向。1980年電力中央研究所・研究開発本部の初代原子力部長に就任。1986年アルゴンヌ原子力国立研究所と金属燃料高速炉および乾式再処理に関する研究協力を開始。1989年電力中央研究所原子力担当理事に就任。2001年電力中央研究所名誉特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ