本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > ペット > 

それでも人を信じた猫 黒猫みつきの180日
咲 セリ

1,320(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2018年02月02日頃
  • 著者/編集:   咲 セリ(著)
  • 出版社:   KADOKAWA
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  96p
  • ISBN:  9784041062432

商品説明

内容紹介

人から虐待を受けたであろう一人ぼっちの黒猫が、 我が家にやってきた。 これから幸せに暮らすはずだった……。最後までせいいっぱい生きたちいさな黒猫の半年間を優しく見守った涙のフォトエッセイ。

内容紹介(出版社より)

その黒猫は一人ぼっちで喫茶店の駐車場にぽつんと蹲っていたところを友人に保護された。薬品でもかけられたのか、ライターで火でもつけられたのか。胸からしっぽにかけて毛がほとんど残っていず、背中一面焼けただれたようになっていた。しかもこちらを見つめる黒くて大きな瞳は見えていないよう。友人から引き取り、我が家にやってきた「みつき=美しい月」という名前の黒猫。おとうさんの膝が大好きで、寝るときはぴったり寄り添って朝まで離れない。人からひどい仕打ちを受けたかもしれないのに、それでもこの子は私たちを信じてくれている。これからはずっと一緒だよ。もう何も心配いらないからね。
でも、みつきは重い病気を抱えていた……。
最後まで精一杯生きた小さな黒猫の半年間を見守った、涙のフォトエッセイ。
1月12日 はじめての朝   2月11日 MITUKIの服
2月17日 闘病の迷い    3月29日 意外な好物
4月11日 あまえんぼ     6月4日  急変
6月28日 最期の日   7月1日  優しさのリレー

内容紹介(「BOOK」データベースより)

みつき、うちのこになってくれてありがとう。友人に保護されて我が家にやってきた「みつき(美しい月)」という名前の黒猫。これからはずっと一緒だよ、しあわせになろう。最期まで精一杯生きた黒猫の半年間をやさしく見守った、涙のフォトエッセイ。

目次(「BOOK」データベースより)

1月12日 はじめての朝/1月15日 病院へ/1月20日 家族と一緒/2月2日 傷を噛んだ!/2月11日 MITUKIの服/2月17日 闘病の迷い/2月21日 セカンドオピニオン/2月26日 みつきのお膝/3月29日 意外な好物/4月11日 あまえんぼ/6月4日 急変/6月18日 食べられるものなら/6月19日 贈り物/6月20日 ひとつき/6月26日 自宅点滴/6月28日 最期の日/7月1日 しあわせの記憶

著者情報(「BOOK」データベースより)

咲セリ(サキセリ)
1979年大阪府生まれ。エイズや白血病キャリアの猫たちと出会い「どんな命も生きているだけでかけがえがない」として、野良猫の保護や治療、里親探しなどの活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(24件)

総合評価
 5.00

ブックスのレビュー(21件)

  • (無題)
    izu3469
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年09月13日

    写真が多く、文章もわかりやすいのですぐ読めてしまいます。 が、著者の気持ちが入り文章に重みがあり胸が熱くなりました。
    この本を読みたいと思う人は、ペットを飼ってる人が多いと思います。
    自分の愛猫と重ね合わせたり、思い出したり...私もそうです。
    高齢21歳のばあちゃん猫、半年前に初病気、それ以降それまで気に留めていなかった愛猫との生活を、これからは大事にしようと思いました。
    今は元気ですが、病院通い継続中、通院すごくストレスになってるんです。文章の中に、「治療と虐待の何が違うんだろう」 ジレンマは誰も同じなんだなと痛感です。

    13人が参考になったと回答

  • たくさんの人に読んでほしい本です。
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月06日

    みつきちゃんのまんまるおめめとペロリンがほんとに可愛い。セリさんのブログを通してみつきちゃんの治癒を願っていた一人です。今回この本を購入することでセリさんご夫婦に少しの応援になればと思いました。みつきちゃんが黒猫牧場にやってきた経緯を知り胸が苦しくて・・・なんてひどい・・・あ、手を差し伸べてくれた人がいる、良かった・・・その時私はすでに大泣き。ボロボロ大きな涙が溢れます。ボロボロです。じっくり文章を読みあたたかな家族の一員になったみつきちゃん、目が見えないなんて思えないみつきちゃんを想像します。たくさんの写真の可愛いみつきちゃんを何度もじっくり見て、映ってはいないけれど、セリさんご夫婦やたくさんの人の愛と優しさを感じます。(やっぱりみつきちゃん用のお洋服やエリザバスカラーは秀逸ですね)この本を読んだ一人一人が、いろいろな思いを抱くでしょう。みつきちゃんへの思い、関わった方たちへの思い、ペットを飼うということや人としての責任など怒りながら悲しみながら胸を熱くしながら・・・私は何も説明せずに家族に順番に読んでもらっています。その感想も話し合うことはしていません。できないのです。皆それぞれに多くを感じているのがわかります。どうか動物虐待がなくなりますように。保護猫活動や地域猫活動が根付きますように。我が家の猫たちが幸せでありますように。セリさん旦那さん、そのまわりの皆さん、ありがとう。と 思った本です。可愛い写真もいっぱいですし文章もあまり重くないので、読みやすいです。(いっぱい泣くけど)

    3人が参考になったと回答

  • 可愛くて、泣きます
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月14日

    人に虐待されたと思われるこの子は、いっぱい愛して生きました。美しい目が忘れられない。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご注文できない商品

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ