内側から見る創価学会と公明党[浅山太一]
  • Googleプレビュー

内側から見る創価学会と公明党
浅山 太一

1,080円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 内側から見る 創価学会と公明党 864円
紙書籍版 内側から見る創価学会と公明党 1,080円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
社会学の新鋭にして創価学会員の著者が、緻密な資料分析をもとに解き明かす!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 創価学会と会社ー戦後日本の都市に現れた「2つのムラ」(日本の高度成長は創価学会の功徳のおかげだった?/都市に生まれた「新しい村」 ほか)/第2章 隠語化とサブリミナル池田先生効果ー創価学会サブカル漫画からみる公明党支援の語られ方(公明党支援の理由は会員ごとに様々/マンガから探る公明党支援の意味 ほか)/第3章 信仰の、信仰による、信仰のための政治ー戸田城聖の時代(創価学会は政治参加をどう意義づけたのか?/「国立戒壇論」と戸田の政治的発言の「ヤバさ」 ほか)/第4章 組織中心主義の台頭ー池田大作の時代(創価学会の政治参加は「政教分離」=脱宗教化の方向に進んでいるのか?/創価学会と公明党は一体不二 ほか)/第5章 創価学会は成仏しましたーポスト池田時代の公明党支援の論理(「創価学会の知的支柱」としての松岡幹夫/存在論的平和主義とは何か ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
浅山太一(アサヤマタイチ)
1983年生まれ。創価大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了。書店員を経て、現在は出版社に勤務しながら、創価学会をめぐる社会学を研究している。戦後の日本社会と創価学会について論じたエッセイ「創価学会と会社」は、公開1ヶ月で6万ビューを突破した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと4

1,080円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ