植民地台湾の自治自律的空間への意思(早稲田大学エウプラクシス叢書)[野口真広]
  • Googleプレビュー

植民地台湾の自治 自律的空間への意思 (早稲田大学エウプラクシス叢書)
野口真広

4,320円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
日本統治時代、立憲主義に基づき英米の植民政策を応用して台湾人による自律的な地方自治を目指した人々がいた。
早稲田大学で学んだ楊肇嘉を中心に、植民地時代の台湾人による自治運動がどのように形成されたのかに注目し、日本の植民地施策研究に新たな視点を与える。
第一章 旧慣と植民地統治の統合
第二章 戦間期における植民政策の変容
第三章 統治者による漸進的改革とその限界
第四章 台湾人による植民地政策学の応用
第五章 幻の台湾自治

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
楊肇嘉とは何者か?植民地時代、台湾人による台湾のための自治を目指した人々がいた。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 旧慣と植民地統治の結合(雲林事件と旧慣自治「保甲」の利用/「旧慣」利用から同化政策への変化/一九一〇年代の安定化と同化主義の再検討)/第2章 戦間期における植民政策の変容(「地方政治家」楊肇嘉の覚醒/植民地人による植民政策の研究)/第3章 統治者による漸進的改革とその限界(石塚英蔵総督の経験的植民政策/郡警分離の構想と挫折/霧社事件から見る政策意図と効果の捻じれ)/第4章 台湾人による植民政策学の応用(台湾地方自治連盟による植民政策学の応用/台湾地方自治と自律的立憲主義/台湾自治を制約する満州問題)/結論 幻の台湾自治

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
野口真広(ノグチマサヒロ)
1974年生まれ。早稲田大学地域・地域間研究機構次席研究員。早稲田大学大学院・社会科学研究科・博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと1

通常3〜4日程度で発送

4,320円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      極上の孤独
      極上の孤独

      下重暁子

      842円(税込)

    2. 2
      ポイズンドーター・ホーリーマザー
      ポイズンドーター・ホーリーマザー

      湊かなえ

      648円(税込)

    3. 3
      おしりたんてい みはらしそうの かいじけん
      おしりたんてい みはらしそうの かいじ…

      トロル

      1,058円(税込)

    4. 4
      【予約】マスコミ偽善者列伝
      【予約】マスコミ偽善者列伝

      加地伸行

      1,500円(税込)

    5. 5
      ほぼ日手帳公式ガイドブック2019
      ほぼ日手帳公式ガイドブック2019

      ほぼ日刊イトイ新聞

      1,728円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ