「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書)[町山智浩]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > エンタメ

「最前線の映画」を読む
町山 智浩

820円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書) 734円
紙書籍版 「最前線の映画」を読む 820円

商品基本情報

よく一緒に購入されている商品

  • 「最前線の映画」を読む(インターナショナル新書)[町山智浩]
  • +
  • 映画と本の意外な関係![町山智浩]
  • 「最前線の映画」を読む
  • 町山 智浩

820円(税込)

在庫あり

799円(税込)

在庫あり

合計 1,619円(税込)

閉じる

商品説明

映画を観れば「世界の今」が分かる!

アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を鋭く解剖ーー「町山映画塾」、ますます絶好調!


《著者の言葉》

本書は、ここ二年ほどの間に公開された映画作品について、筆者なりの解説を加えたものです。

特に、映画を観た時、多くの観客が疑問に思うだろう点、最初は自分にもわからなかった点について、何らかの答えを見つけようとしました。それはこんな疑問です。



『ラ・ラ・ランド』の二人はなぜ、別れなければいけないのか?

『ダンケルク』にはなぜ、三機しか戦闘機が出てこないのか?

『サウルの息子』はなぜ、背景がピンボケでスクリーンが小さいのか?

『LOGAN/ローガン』の最後にウルヴァリンが言った「あれってこんな感じなんだ」の「あれ」とは何か?

『メッセージ』のヒロインはなぜ、若くして死別すると知っていながら娘を産んだのか?

『ベイビー・ドライバー』はなぜ、ベイビーと自称しているのか?

『エイリアン:コヴェナント』のアンドロイドはなぜ、ワーグナーを弾くのか?

『ブレードランナー2049』のテストで聞かれる「白く高い噴水」とは何か?

『セールスマン』の主人公はなぜ、イランで『セールスマンの死』を上演するのか?



答えは映画の中に隠されている場合もあります。何度も観るうちに、登場人物のちょっとしたしぐさ、表情、セリフ、読んでいる本、流れる歌などに謎を解く鍵があります。

映画の外、監督のインタビューや、過去の作品、時代や社会状況などを調べなければわからないこともあります。ドストエフスキーなどの著作が補助線になって謎が解ける場合もあります。

それを探っていくのは本当に面白い作業です。あ、これだったのか! と思わず声が出そうになることもあります。それが快感で映画評論家をやっているわけです。

もちろん、映画はクイズでもテストでもありませんから、答えは一つではありません。ただ、映画鑑賞の助けとして楽しんでいただけると幸いです。(「はじめに」より)



《本書で登場する映画》

◆ワンダーウーマン◆エイリアン:コヴェナント◆ブレードランナー2049◆セールスマン◆マンチェスター・バイ・ザ・シー◆哭声/コクソン◆イット・フォローズ◆ドント・ブリーズ◆シンクロナイズドモンスター◆ラ・ラ・ランド◆ダンケルク◆サウルの息子◆LOGAN/ローガン◆メッセージ◆ベイビー・ドライバー……全20作品!


《著者略歴》

町山 智浩(まちやま ともひろ)

映画評論家。ジャーナリスト。1962年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。「宝島」「別冊宝島」などの編集を経て、95年に雑誌「映画秘宝」(洋泉社)を創刊。その後、アメリカに移住。現在はカリフォルニア州バークレーに在住。TBSラジオ「たまむすび」、BS朝日「町山智浩のアメリカのいまを知るTV」レギュラー。

【内容情報】(出版社より)
『この世界の片隅に』『ワンダーウーマン』『哭声/コクソン』……最新ヒット作に秘められた「暗号」を解読する! これを読めば、あの映画が10倍も100倍も面白くなる! 町山映画塾、開講です!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
映画を観れば「世界の今」が分かる!アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国の「最前線の映画」を当代一の評論家が鋭く解剖。なにげないシーンやしぐさに秘められた監督の意図、ちょっとした台詞の中に隠された過去の名作・傑作の引用などを次々に読み解いていくー。「町山映画塾」、ますます絶好調!

【目次】(「BOOK」データベースより)
Kが追い求めた「噴水」-『ブレードランナー2049』/アンドロイドはオジマンディアスの夢を見るー『エイリアン:コヴェナント』/「それ」から逃れるたったひとつのやり方ー『イット・フォローズ』/「8マイル」の現実ー『ドント・ブリーズ』/神は果てしなく試すー『哭声/コクソン』/三百六十年後の「ゆるし」-『沈黙ーサイレンスー』/イランのウィリー・ローマンー『セールスマン』/バンパーはぶつけるためにあるー『エル ELLE』/アン・ハサウェイは何と戦ったのか?-『シンクロナイズドモンスター』/アウシュビッツで埋められたものー『サウルの息子』〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
町山智浩(マチヤマトモヒロ)
映画評論家。ジャーナリスト。1962年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。『宝島』『別冊宝島』などの編集を経て、1995年に雑誌『映画秘宝』(洋泉社)創刊(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(13件)

総合評価
 4.36

ブックスのレビュー

  • 読んでから観るか?観てから読むか?
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2019年01月13日

    先入観や事前情報をなんにも持たないで映画を観るのも、出たとこ勝負で楽しいものですが、本当に深く監督や脚本家の意図をわかろうと思ったら、1回観ただけではなかなか難しい。だって、彼らは何度もなんども作っては考え直してを繰り返して1本の映画を、ワンシーンを作っているから。こうやって映画評論の本を読んで、映画を深く味わうのも楽しいものだと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

820円(税込)

送料無料

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      実行力
      実行力

      橋下 徹

      972円(税込)

    2. 2
      一切なりゆき 樹木希林のことば
      一切なりゆき 樹木希林のことば

      樹木希林

      864円(税込)

    3. 3
      仕事と心の流儀
      仕事と心の流儀

      丹羽 宇一郎

      928円(税込)

    4. 4
      妻のトリセツ
      妻のトリセツ

      黒川 伊保子

      864円(税込)

    5. 5
      続 昭和の怪物 七つの謎
      続 昭和の怪物 七つの謎

      保阪 正康

      928円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ