ロックは神を讃えるためにある(仮)[島田裕巳]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 新書 > その他

ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか ロックとキリスト教 (イースト新書)
島田裕巳

929円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか ロックとキリスト教 745円
紙書籍版 ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか 929円

商品基本情報

商品説明

ボブ・ディランは、なぜキリストを讃えたのか?ジョン・レノンは、なぜキリストを否定したのか?

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ロックといえば、「反体制的で権力に反抗するもの」というイメージが強い。その権力のなかには西欧で力をふるってきたキリスト教も含まれる。しかし、多くのロックミュージシャンが、曲のなかで神を讃えたり、神に祈りを捧げたりしている。その背景には、西欧社会におけるキリスト教文化の影響があるが、信仰を持つことによって、あるいは信仰を否定することによって、彼らの音楽はどう変化し、それはロックというジャンル全体にどう影響していったのか。宗教学者がその関係をひもとく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 エルヴィス・プレスリーは、なぜゴスペルを歌ったのか(ロックンロールという事件/突然牧師になったリトル・リチャード ほか)/第2章 ロックはゴスペルからはじまった(エルヴィスは、なぜゴスペルに傾倒したのか/エルヴィスの宗教的ルーツ ほか)/第3章 ボブ・ディランは、なぜキリスト教に改宗したのか(変化するディラン/プロテスト・シンガーとしてのディラン ほか)/第4章 ジョン・レノンは、なぜ神を信じなかったのか(信仰に関心を持たないビートルズ/エルヴィスとビートルズの出会い ほか)/第5章 ロックがキリスト教化する必然性(少年時代に植えつけられる宗教観/ディランに欠けていたキリスト教的音楽体験 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
島田裕巳(シマダヒロミ)
1953年、東京生まれ。宗教学者、文筆家。1976年、東京大学文学部宗教学科卒業。1984年、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。専攻は宗教学。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。東京女子大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

電子書籍版のレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

929円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ