AIvs.教科書が読めない子どもたち[新井紀子]
  • Googleプレビュー

AI vs.教科書が読めない子どもたち
新井 紀子

2位 ビジネス・経済・就職部門 楽天ブックス日別ランキング(2018年08月16日)ランキングを見る

1,620円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 AI vs. 教科書が読めない子どもたち 1,620円
紙書籍版 AI vs.教科書が読めない子どもたち 1,620円

商品基本情報

  • 発売日:  2018年02月02日
  • 著者/編集:   新井 紀子
  • 出版社:   東洋経済新報社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  288p
  • ISBNコード:  9784492762394

商品説明

【内容情報】(出版社より)
東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。
はじめに

第1章  MARCHに合格ーーAIはライバル

AIとシンギュラリティ
偏差値57.1
AI進化の歴史
YOLOの衝撃ーー画像認識の最先端
ワトソンの活躍
東ロボくんの戦略
AIが仕事を奪う
  
第2章 桜散るーーシンギュラリティはSF

読解力と常識の壁ーー詰め込み教育の失敗
意味が理解しないAI
Siri(シリ)は賢者か?
奇妙なピアノ曲
機械翻訳
シンギュラリティは到来しない

第3章 教科書が読めないーー全国読解力調査

人間は「AIにできない仕事」ができるか?
数学ができないのか、問題文を理解していないのか?--大学生数学基本調査
全国2万5000人の基礎的読解力を調査
3人に1人が、簡単な文章が読めない
偏差値と読解力

第4章 最悪のシナリオ

AIに分断されるホワイトカラー
企業が消えていく
そして、AI世界恐慌がやってくる

おわりに

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
大規模な調査の結果わかった驚愕の実態ー日本の中高校生の多くは、中学校の教科書の文章を正確に理解できない。多くの仕事がAIに代替される将来、読解力のない人間は失業するしかない…。気鋭の数学者が導き出した最悪のシナリオと教育への提言。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 MARCHに合格ーAIはライバル(AIとシンギュラリティ/偏差値57・1 ほか)/第2章 桜散るーシンギュラリティはSF(読解力と常識の壁ー詰め込み教育の失敗/意味を理解しないAI ほか)/第3章 教科書が読めないー全国読解力調査(人間は「AIにできない仕事」ができるか?/数学ができないのか、問題文を理解していないのか?-大学生数学基本調査 ほか)/第4章 最悪のシナリオ(AIに分断されるホワイトカラー/企業が消えていく ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
新井紀子(アライノリコ)
国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長。一般社団法人「教育のための科学研究所」代表理事・所長。東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院数学研究科単位取得退学(ABD)。東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。2016年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

  • 東ロボくんは中高生の学習問題を浮き彫りに
    パパぱふぅ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年02月12日

    著者は、法学士であり数学者で、「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める新井紀子さん。本書は、AI(人工知能)というテクノロジーに過大な評価や、過剰な警戒を喧伝する昨今の風潮に、論理的な一石を投じるものである。
    プロジェクト開始から6年で、東ロボくんは東大には合格できないが、MARCHクラスなら合格できるし、将来ホワイトカラーを目指す若者たちの仕事を肩代わりするのではないかという仮説を立てる。19世紀イギリスのラッダイト運動に代表されるように、人類は過去何度か、仕事を奪われる局面に遭遇した。だが新井さんは、AIの台頭は、そういった過去の事例とは「質的な違いを感じる」(68ページ)という。
    新井さんは「けれど、AIは意味を理解しているわけではありません。AIは入力に応じて『計算』し、答えを出力しているに過ぎません」(107ページ)という。つまり、数式化できない「常識」を扱うことができない。AIがコンピュータ・プログラムである限り、たとえスーパーコンピュータや量子コンピュータを動員したとしても、この原理原則は変わらないのだ。
    東ロボくんと並行して、新井さんは人間が数学の問題を解く能力を解析するために、大学生数学基本調査を実施した。ところが予想外に成績が振るわず、さらに2万5千人の中高校生の基礎的読解力を調査することにした。
    その結果、「ドリルと暗記で定期テストを乗りきったりすることはできます。けれども、レポートの意味や、テストの意味は理解できません。AIに似ています。AIに似ているということは、AIに代替されやすい能力だということです」(230ページ)と警鐘を鳴らす。
    けれども、読解力を向上させるための科学的な手段は見つかっていないという。新井さんの説明は最後まで論理的であり、読者を裏切らない。
    ここまで読んで、私はこう感じた――読解力、意味を理解する能力は、AIが達成できていない、すなわち数学的に記述できないものである以上、それを養う手段もまた、現代数学では記述できないはずである。となると、数学的でない手段、すなわち再現性のない手段を導入してはどうか。たとえば、最前線で研究している学者や芸術家との対話、旅行やスポーツといったレジャー。こういった「遊び」を心から楽しむことが、AIで代替できない能力を養う王道なのではないか。

    5人が参考になったと回答

  • AIの現状わかりやすくまとめてくれてます
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年03月26日

    どういう仕組でAIが動いているのか、AIの種類と一緒にAIが「できること」「できないこと」を説明してくれています。
    文章がやさしいので、読みやすいです。
    後半はAIが苦手な読解力へと話が進みます。
    今の子ども達だけでなく、大人も危機感を持つべきだと感じました。
    (私も例題の「深刻な誤答」に当てはまってしまったので・・・)
    読解力は即ち人の力、国の基盤です。
    この本の印税が子どもの読解力向上へ全て寄付されるとのことで、応援していきたいと思いました。

    1人が参考になったと回答

  • 教員にオススメ
    そのへんのおやっじ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年07月16日

    AIというもののしくみを分かりやすく解説しています。限界と可能性を知った上で、ではどのような能力がこれから生き抜く人間には必要なのかを提案しています。東ロボ君を作った人だからこそ説得力のある内容です。

    0人が参考になったと回答

電子書籍版のレビュー
  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2018年06月20日

    AIの影響が、気に成って、購入しました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

ご購入はこちらから

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

1,620円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ