音楽言語の技法[オリヴィエ・メシアン]
  • Googleプレビュー
本
現在地
トップ >  > 楽譜 > その他 > 書籍・辞典

音楽言語の技法
オリヴィエ・メシアン

7,560円(税込)送料無料

獲得ポイント:

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版はまだありません。

商品基本情報

商品説明

【商品構成】書籍
【分類】書籍|作詞/作曲/編曲
【楽器】作曲
【著者】オリヴィエ・メシアン
【翻訳者】細野 孝興
【商品説明】
20世紀を代表する作曲家、
オリヴィエ・メシアンによる歴史的音楽技法書
1954年に『わが音楽語法』というタイトルで刊行された、フランス作曲家オリヴィエ・メシアンの音楽技法書が、このたび新訳版として刊行!
本書は、現代音楽の巨匠 オリヴィエ・メシアンが後世の音楽家に向け、自らの音楽技法を伝えるために著したもの。
メシアンの技法を知る手がかりとしてはもちろん、音楽への向き合い方や捉え方など広範にわたる含蓄のある内容は、現代の音楽家や音楽学習者にとっても何ものにも代えがたい体験をもたらしてくれる。

原書の“Technique de mon Langage Musical”は、1944年にフランスで出版され、日本版は1954年に刊行。
今回、新訳版の翻訳にあたっては、音楽上の新しい考え、音組織、表現形式、音素材等が時代とともに変化することを踏まえつつ、メシアンの意図をより忠実に伝えることを意図している。
日本語版刊行にあたり、平尾はるな氏、藤井一興氏、小鍛冶邦隆氏による「日本語版への序文」も掲載。

・数多くの音楽愛好家、研究者から復刊が望まれていた伝説の書!
・長らく、権利上の問題から日本版の出版ができなかったが、このたび出版が実現。
・現代に合わせた読みやすさと原著への忠実さを両立させた翻訳

【目次】
第1章 不可能性の魅力、およびさまざまな素材の相関性
第2章 インドのリズム、ラガヴァルダーナ
第3章 付加音価を付けたリズム
第4章 リズムの拡大または縮小とそのリズム形の一覧表
第5章 不可逆リズム
第6章 ポリ・リズムとリズム・ペダル
第7章 リズムの記譜法
第8章 旋律と旋律曲線
第9章 鳥たちの歌
第10章 旋律の展開
第11章 リート・フレーズ、2部フレーズ、3部フレーズ
第12章 フーガ、ソナタ、単旋聖歌の諸形式
第13章 和声、ドビュッシー、付加音符
第14章 特殊な和音、和音の房、和音の連結表
第15章 和声外音の拡大、アナクルーズとデジナンス
第16章 移高が限られた旋法
第17章 旋法の転旋と長調性との相関性
第18章 私の旋法と、旋法性音楽、無調性音楽、多調性音楽、4分音音楽との相関性
第19章 多旋法性

■著者について
オリヴィエ・メシアン(Olivier Messiaen)
1908年12月10日、翻訳家であった父ピエール・メシアンと、詩人の母セシル・ソヴァージュの長男としてフランスのアヴィニョンに生まれた。早くから音楽の才能を示し、11歳でパリ音楽院に入学を許され、マルセル・デュプレにオルガン、モーリス・エマニュエルに音楽史、ポール・デュカスに作曲を学び、輝かしい成績とともに5つのプルミエ・プリが授与される。1931年、パリの聖トリニテ教会の首席オルガニストに任命され、最期までその職務を果す。パリ・エコル・ノルマル音楽院、ついでスコラ・カントルムで教鞭をとり、捕虜収容所から解放された1941年、パリ音楽院の教授に迎えられ、1978年まで世界中から集まった若い作曲家たちの多くを育成。1967年フランス学士院会員となる。その数多くの作品は、とりわけ、リズム法の探求、移高が限られた旋法、和音の色彩、カトリック教徒としての信仰、そして60年に渡り世界の国々で採譜した春の鳥たちの歌声によって強く印象づけられている。1992年4月27日、パリで没す。

■訳者について
細野 孝興(ほその・たかおき)
東京藝術大学名誉教授。東京藝術大学音楽学部中退、フランス政府給費留学。クラリネットをH.ドゥリュアール、指揮法をP.デルヴォに学ぶ。ミュジック・ドゥ・ラ・ギャルド招聘団員、パリ音楽院管弦楽団研修員。東京藝術大学音楽学部教授。フランスでの音楽活動、講演、コンクール審査多数。著述芸術勲章受勲(フランス政府)。訳書はJ. -Cl.ヴェイヤン『フランス・バロック音楽 解釈と演奏の原理』(ルデュック)、A.ドメル・ディエニー『演奏家のための和声分析と演奏解釈ーーバッハ』(シンフォニア)、P. -I.アルトー『現代フルート入門』(全音楽譜出版社)ほか多数。共訳書としてハイドン=P.バドゥラースコダ『クラヴィアのための4つのソナタ』(ルデュック)がある。ほか監修多数。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
不朽の名著、待望の「新訳版」!『わが音楽語法』の刊行から64年。生まれ変わったオリヴィエ・メシアン唯一の音楽技法書。すべての作曲家と音楽学習者のために。

【目次】(「BOOK」データベースより)
不可能性の魅力、およびさまざまな素材の相関性/インドのリズム、ラガヴァルダーナ/付加音価を付けたリズム/リズムの拡大または縮小と、そのリズム形の一覧表/不可逆リズム/ポリ・リズムとリズム・ペダル/リズムの記譜法/旋律と旋律曲線/鳥たちの歌/旋律の展開/リート・フレーズ、2部フレーズ、3部フレーズ/フーガ、ソナタ、単旋聖歌の諸形式/和声、ドビュッシー、付加音符/特殊な和音、和音の房、和音の連結表/和声外音の拡大、アナクルーズとデジナンス/移高が限られた旋法/旋法の転旋と長調性との相関性/私の旋法と、旋法性音楽、無調性音楽、多調性音楽、4分音音楽との相関性/多旋法性

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
メシアン,オリヴィエ(Messiaen,Olivier)
1908年12月10日、翻訳家であった父ピエール・メシアンと、詩人の母セシル・ソヴァージュの長男としてフランスのアヴィニョンに生まれた。早くから音楽の才能を示し、11歳でパリ音楽院に入学を許され、マルセル・デュプレにオルガン、モーリス・エマニュエルに音楽史、ポール・デュカスに作曲を学び、輝かしい成績とともに5つのプルミエ・プリが授与される。1931年、パリの聖トリニテ教会の首席オルガニストに任命され、最期までその職務を果す。パリ・エコル・ノルマル音楽院、ついでスコラ・カントルムで教鞭をとり、捕虜収容所から解放された1941年、パリ音楽院の教授に迎えられ、1978年まで世界中から集まった若い作曲家たちの多くを育成。1967年フランス学士院会員となる。1992年4月27日、パリで没す

細野孝興(ホソノタカオキ)
東京藝術大学名誉教授。東京藝術大学音楽学部中退、フランス政府給費留学。クラリネットをH.ドゥリュアール、指揮法をP.デルヴォに学ぶ。ミュジック・ドゥ・ラ・ギャルド招聘団員、パリ音楽院管弦楽団研修員。東京藝術大学音楽学部教授。フランスでの音楽活動、講演、コンクール審査多数。著述芸術勲章受勲(フランス政府)。訳書も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

みんなのレビュー

この商品にはまだレビューがありません レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

ご購入はこちらから

在庫あり

通常3〜4日程度で発送

7,560円(税込)

送料無料

個数 
お気に入りに追加

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:楽譜

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ